基本は日帰り・ご近所さんへの旅鉄訪問記

本家ブログ「どこへいけば苦しみを愛せる」の鉄分ブログ。日帰り旅鉄の薄口訪問記。

短命の「旧西鷺宮駅跡」と高田馬場の「落合秘境」

前回は西武新宿線の幻の駅を書いてみましたが、池袋線の「上り屋敷駅」と同じ頃、短期間だけ存在した駅がありました。

新宿線ユーザーの方なら、鷺ノ宮の変電所のところに四角くはみ出して盛り土のある「駅の跡じゃないの」というのを車窓に見かけたと思います。

f:id:MIKIMOTO7:20180718233406j:plain

下井草ー鷺宮の中間くらいでしょうか。



踏切から見える変電所越しの盛り土は、まさに「西鷺宮」という駅の跡です。

f:id:MIKIMOTO7:20180718233704j:plain

敷地の一部は変電所になっています。


1942年当時。付近にあった学校への通学最寄り駅として開業されました。

しかし、1953年、上り屋敷駅とともに廃止された短命の駅でした。
それ以外は何も残ってないんですね。

ちなみに最寄りの踏切は鷺宮に住んでいた時、裏道として使っていた道でした。また、付近は住宅街で学校があった痕跡さえもありません。

f:id:MIKIMOTO7:20180718233714j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180718233418j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180718233406j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180718233431j:plain

この踏切からよく見えます。


廃止された駅ではありませんが、高田馬場の次の駅、「下落合」は現在の場所から300mくらい高田馬場よりにかつてあったようです。

位置的には新目白通りを挟んだ氷川神社のあたりと思われます。
歩道橋から眺めるとわずかにそんな痕跡っぽいのがありますが、はっきりしないので「そう思え」物件ですね。

f:id:MIKIMOTO7:20180718233342j:plain

これは本当にはっきり特定できません。

ところで、下落合というか高田馬場といえば、神田川目白台を削ってできたがけです。
そのため付近は坂の名所になってますが、その中でも湧水のある「おとめ山公園」はオスス目の穴場的場所です。

f:id:MIKIMOTO7:20180718234547j:plain

何ヶ所も門があります。


「おとめ山公園」は別名「落合秘境」と呼ばれた都市の中の自然です。
岩の隙間からこんこんと水が湧き出ていて、その水は東京の名水57選に指定されています。

f:id:MIKIMOTO7:20180718233435j:plain

吹き出るほど勢いはありませんがじわりじわりと湧き出ています。

f:id:MIKIMOTO7:20180718233441j:plain

湧出口はいくつもあります。天候によって量が違いますが、枯れはしないです。

住んだ水が林の中に流れを作って園内の池に流れ込んでいます。

f:id:MIKIMOTO7:20180718233511j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180718233444j:plain

また、公園に沿った坂道にも微量の水が湧き出してるということです。

f:id:MIKIMOTO7:20180718233350j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180718233401j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180718233355j:plain

その綺麗な水を使って蛍の養殖も行なっています。
ちょっとした雑木林の公園ですが、駅からも近く、気分転換や休養をとるのに好適な自然を感じれる隠れ家的場所です。

f:id:MIKIMOTO7:20180718234543j:plain

写真の撮りかたによってはどこかの峠道のようにも撮れます。