基本は日帰り・ご近所さんへの旅鉄訪問記

確認より発見が目標の日帰り旅鉄薄口日記

山梨日帰り旅part3、甲州街道・笹子宿

こんばんは。すっかり冬だというのに、ここでは未だに夏や秋のネタをやっております。
更新が普通列車なせいですが。取材に行ったとこまだまだあるのに。


甲府盆地の端っこ、勝沼から戻ると山越えになります。

f:id:MIKIMOTO7:20181212205037j:plain

今は高速道路も国道も長大な「笹子トンネル」で山をぶち抜いてますが、この笹子峠甲州街道の最大の難所でした。

なんせ道は狭いし、つづら折れの急坂。鉄道は長大な「笹子トンネル」で苦心の末開通させましたが、国道は現在の「新笹子トンネル」ができるまでは山越えを強いられていたのです。

実際に現地に行って初めて知ったのですが、その「新笹子トンネル」は開通当初は有料道路だったのです。
今も料金所の跡が残っています。

その新しい国道トンネルですが、長大な上に作られたのが古いので道が狭い。
なので、ハイカーやチャリダーは旧道を超えています。今は一応県道ですが、「険道」です。

カーブや坂がキツイですが、のんびり走るのにはいいです。車がほとんど通らないのと。幹線道路を偲ばせる橋、ハイライトはやたら立派な峠のトンネルです。中は真っ暗ですが。

f:id:MIKIMOTO7:20181212205003j:plain


そんな峠の麓の小駅。もちろん無人ですが、駅前のお店で名物「笹子餅」を売ってます。
ホームでは売ってないので途中下車して、買いに出るしかありません。

f:id:MIKIMOTO7:20181212204858j:plain

駅を出て坂を降りたR20沿いです。


草餅の大福のようで、お茶に結構合うと思います。

f:id:MIKIMOTO7:20181212205033j:plain

そんな山の中に勝沼の帰りに寄り道したのは、かつてここ笹子は甲州街道の宿場町でその街並みが残っているので見たかったことが一番。

f:id:MIKIMOTO7:20181212204905j:plain

そして、新笹子トンネルの料金所跡と、かつての幹線道路を偲ばせるは橋の欄干などの建造物。
そしてツーリングで旧道を通った時に、山肌の畑の中にあった踏切の警報機の謎を確かめて見たいからという欲張りな目的でした。

さらに言えば、この笹子駅上諏訪夜行が健在の時代、唯一の通過駅だったのでどんなとこなんだという興味からでした。


降り立ってみると、普通の中央本線の山中の駅でした。
駅も割と新しい平屋の駅舎。

f:id:MIKIMOTO7:20181212205041j:plain

駅は高台にあるので道を下ったとこに「笹子餅」を売ってるお店があったので一人分くらいの小さいのを書いました。
この下ったとこにある道はR20です。大月から勝沼まで駅は少ないのですが、国道の方は集落を大回りしてるのに対し、旧道は集落の中心を通っているので、徒歩だと古い街並みが楽しめそうなのです。

f:id:MIKIMOTO7:20181212204841j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181212204932j:plain

しかし、このR20、勝沼から大月までは信号もほとんどなく、笹子川に沿った走りやすい道。そのせいか中央道を使うのと大して時間が変わらないので交通量が非常に多いのです。

f:id:MIKIMOTO7:20181212204936j:plain

 

ここにきた時には夕方になってしまっていましたが、街並みを眺めながら国道を歩いていると、特に下りの車はすごいスピードで坂を下ってくるので、夕方の首都高を歩いているような恐怖を感じました。


山のせいか日が暮れると暗くなるのは早いです。地図で見ると意外に距離がないと思った料金所の跡ですが、歩いているうちに真っ暗になってしまいました。

f:id:MIKIMOTO7:20181212205119j:plain

この辺は道路の改良が行われていて、旧道の橋は歩行者用となったため幹線道路だったことが感じられます。
甲州街道は真っ暗で入って行く気にはなりませんでした。

f:id:MIKIMOTO7:20181212204954j:plain

 

f:id:MIKIMOTO7:20181212204845j:plain

そして料金所の跡。

f:id:MIKIMOTO7:20181212210307j:plain

笹子川の水量の多い川の音と宿場町の風情の残る集落。
いいところなのに、ひっきりなしに猛スピードで走り向ける車やトラックの騒音のせいで、もったいない気がしました。

 


今回も読んでいただきありがとうございます。

山梨日帰り旅・part2、旧大日影トンネル

こんにちは、すっかり寒くなって外に出るのが億劫になってしまいます。
でも、雑草や虫のいない春先までの間は雪がないとこなら廃鉄や水辺巡りにはいいんですよね。

休みの日には頑張って出かけたいです。


山梨日帰り旅のPart2は、日を改めて勝沼の「旧大日影トンネル」を見に行きました。
このトンネルは中央本線の線路付け替えによって、使われなくなった中央東線全通時からの歴史あるトンネルです。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170326j:plain

鉄道遺産として去年までは中を歩いて通り抜けられたのです。
しかし、崩落の危険があるということで立ち入り禁止になりました。それまでは名所として地図に載ってましたが、いつの間にか消えてました。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170426j:plain

やはりどこもそうですが、こういう過去の遺産を安全に維持・管理するには莫大な費用がかかるので、戦争遺産などを維持してる自治体や有志の人は大変だと思います。


最寄駅の勝沼は特急が止まらないので、大月まで時間短縮も兼ねて、かいじ号
そこから先は普通列車

f:id:MIKIMOTO7:20181209170348j:plain

坂の途中にある「勝沼ぶどう郷」駅は元スイッチバックで、あとは休憩スペースとかになってます。
猫の額ほどの駅前色場には、暇そうなタクシーが休んでいました。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170258j:plain

その道を線路沿いに山の方に入っていくと見事なレンガ積みの旧線の橋台跡があります。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170207j:plain

もともと観光施設だったため、道の痛みはまだそれほどでもありませんでした。

道なりに登っていくと線路が引いてある鉄道公園のような場所に出ます。
そのレールは「旧大日影トンネル」の中まで続いていますが、入り口には厳重な柵が。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170302j:plain

やはり漏水と経年劣化が閉鎖の原因でした。
これを直すには莫大な費用がかかるため、自治体だけではお金が出ないのでしょう。


とはいえ、中には入れませんがトンネルそのものにはすぐそばまで近づいて見学できます。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170203j:plain


歩道にはトンネル工事の様子や蒸気機関車時代の写真が説明と共に貼ってあります。


レンガと石積みのトンネルは、やはり美しいです。
昔の建造物には機能と同じくらいに、造形にこだわっていたんじゃないかといつも思います。

中を覗くと蒸気機関車時代についたと思われるスス汚れまで残っています。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170351j:plain
すぐそばを現在線が通っており、かいじ号普通列車が新トンネルへ入って行きますが、コンクリートで固めてあるだけの機能一辺倒の現在線は味気ないです。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170322j:plain


ここから駅に向かう平らな場所が、どうも旧駅があった場所のようです。
ホーム跡があったり、中央本線の列車を牽引したEF64が静態保存してあります。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170319j:plain

 

f:id:MIKIMOTO7:20181209170255j:plain


しかし、野ざらしで置いてあるので痛みが心配です。
将来に渡って鉄道公園として保存を考えているのなら、痛みがひどくならないうちにせめて屋根をつけておくべきでしょう。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170355j:plain


駅に戻って、上り列車に乗り以前から気になっていた笹子へ移動しました。

f:id:MIKIMOTO7:20181209170359j:plain


勝沼といえば温泉とぶどうですが、温泉は山の上の方だし、ぶどう狩りは逆に盆地の下の平地なんですよね。

 

f:id:MIKIMOTO7:20181209171404j:plain

甲州街道の宿場町で最大の難所「笹子峠」の麓。



 

続きます☆
今回も読んでいただきありがとうございます。

 

 

山梨日帰り旅・富士急「寿駅」を訪ねて…その2

こんばんは。続き物は更新間隔を短くしたい思ってるんですが、結局週刊ペースになってしまってます。

12月は冬の「18切符」を使っての乗り歩きを考えていたのですが、急な状況変化により白紙になってしまいました。
1泊くらいでどこかに行きたいとは思ってるんですが。


前回は大月で終わってしまったので、寿駅と富士急乗り歩きです。
駅の周りを散歩して時間を潰して、いよいよ富士急で寿を目指して出発。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234614j:plain

中央線から直通もあり、観光特急も走ってますが、大月の市街地を抜けるとのどかなローカル民鉄って感じです。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234618j:plain



各停はほとんど地元のお客さんっぽかったです。


中央自動車道の大月ー河口湖間がずっと登りが続くのと同じように、富士急も25~40パーミルの上り坂が続きます。
33.3パーミルの坂が当たり前にあり、割と地形に沿って建設されてるのでカーブが多いです。

とはいえ、そこは電車。急坂が続いても苦にもならないよという感じにマイペースで走って行きます。
R139に沿ってますが、割と山の中に入っているんですね。

中央道を走るのとは違う景色が新鮮でした。
沿線に住宅が多いのは意外でした。


都留を通って富士山に近くなったところで目的の寿。
降りたのは私を含め3人でした。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234320j:plain

停留所タイプの無人駅です。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234547j:plain


降りてみるとごくごく普通の駅でしたが、さりげなくこの縁起のいい駅名の由来などが書いてありました。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234607j:plain

 

f:id:MIKIMOTO7:20181202234544j:plain

駅を出ると並行してるR139です。さすが休日の夕方、上り方面の交通量が多いです。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234539j:plain

駅の入り口の交差点にもバス停にも「寿」が。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234535j:plain

 

f:id:MIKIMOTO7:20181202234419j:plain

そばにある団地も「寿団地」。
地名として定着しているようです。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234511j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181202235105j:plain

中央道のスマートI.C.や小学校などもあり、思ったよりも人の多い集落って感じでした。
地味だけど、自然たっぷりで縁起のいい土地と言いましょうか。


次の電車まで1時間以上あるし、次の葭池温泉前(よしいけおんせんまえ)までは平坦で距離もなさそうだったので徒歩連絡。
これが意外と遠かったです。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234411j:plain

葭池温泉って温泉の少ない富士山麓にあって、初めて聞いたところなので興味もありましたし。
富士急の線路に沿った道を歩いて行くと、さすが富士山麓

多くの水が流れる水路が目立ちました。特に中央道の下にある水路の水量は多かったです。
結構家が途切れず並んでいて、地方のように古い家ではなさそうなのが興味深いです。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234258j:plain

葭池温泉前駅のところに看板があったのでちょっと覗きに。
中央道がそばにあったのでそこを越えて山に入って行くのかなと思いましたが、その手前で右に入ると敷地のようです。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234436j:plain

歩いてくる人や車が出てきたりしてたので「知る人ぞ知る温泉」って感じでしたが、後で富士急のHPを見ると観光案内に載ってました。


入り口っぽいところから見ると山の中の秘湯の雰囲気のある旅館のような建物が。
どうやらそこのようです。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234452j:plain

日帰り湯もありましたが、お風呂セットを持ってなかったし入浴してると時間的に帰れなくなるのでチェックだけ。
ツーリングの時と同じように、お出かけにはお風呂セットは必須だなとしみじみ。


葭池温泉前駅に戻って、河口湖行きに乗車。
ここまでくると富士山が大きく見えるはずですが、あまりよく見えませんでした。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234503j:plain

富士山駅スイッチバックして終点河口湖に到着。
もう薄暗くなってしまってました。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234400j:plain

山小屋風の駅舎がおしゃれな河口湖駅は、観光駅らしく土産物屋や食堂なども併設。駅前はバスターミナルです。
時間的に東京方面へ帰る人でいっぱいでした。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234431j:plain

帰りはフジサン特急で帰りたかったのですが、最終が出た後で残念。
線路がまだ先に続いていたので、せっかくきたんだからと追跡しました。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234345j:plain

一見、まだ先がありそうな感じでした。

道がなかったので国道に出て回り込んで見ると、この先に続く野望があったんじゃないかと思わせる感じの終着点でした。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234243j:plain

 

ここはホテルが高いので時間的に甲府あたりに宿泊したいところです。
しかし日曜に予定があったので、暗くなった中を普通列車で東京まで帰りました。

f:id:MIKIMOTO7:20181202234343j:plain

 


富士急編はこれで終わりです。次は勝沼の大日影トンネル旧線を訪ねました。

f:id:MIKIMOTO7:20181202235104j:plain

終着点付近にあった謎のクマさん。

 

今回も読んでいただきありがとうございます。

 

山梨日帰り旅・富士急「寿駅」を訪ねて…その1

こんばんは。ちょっと忙しくて、本館の方の更新で精一杯でした。

津軽旅がよかったのは書きましたが、やっぱ半日や日帰りで近くを急いで回るより、ゆとりを持って訪問できるメリットは大きいです。

そんなことを言いながら、近いうちに行きたいとこを考えてます。


今回は日帰りで行けるけど、1回で1箇所しか訪問できなかったので、宿泊があれば一気に回れたのになと思った富士急と勝沼への旅です。

f:id:MIKIMOTO7:20181127230231j:plain

フジサン特急には乗れませんでした。

上信電鉄の「南蛇井」のように、近くにインパクトのある駅名の駅はないかなと路線図を見ていると、なんと富士急に「寿」というめでたい名前の駅があるではありませんか!

まさか「寿駅」が富士急にもあるとは思いませんでした。


実は北海道の北の果て、今はなき天北線という宗谷本線の音威子府南稚内オホーツク海近くを通って繋いでいた路線がありました。その路線にある仮乗降場という板張りの駅と言えないような駅に「寿駅」があったのです。

そこは人がいないような山の中。乗降場があったということは以前は人が住んでいたのでしょう。そんな「知る人ぞ知る」駅だったので、どういう経緯でその名前になったのかはわかりませんでした。

そして、天北線廃線になったので一緒になくなってしまいました。
もし存続していたら「秘境&縁起駅」として有名になってたかもしれません。


なのでまさか関東の「富士急」に同じ名前の駅があったなんて驚きでした。
こちらの方は大々的ではありませんが縁起駅として富士急は売り出してるようでした。

これは訪ねてみたくならないわけがありません。


10月の午後一に、新宿から「かいじ号」で大月に出かけました。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225810j:plain

午前中は通所があったで午後一番のかいじ号で大月へ。


大月は甲州街道の宿場町だったところですが、R20が市内を通っておりバイクで何度も通ったことがあるところです。

もっとさかのぼると「上諏訪夜行」と呼ばれた夜行普通列車。中央線の最終列車から夜行列車に役目が変わる区切りになる駅という感じで、20分以上の長時間停車を利用して駅のそばのコンビニに食料を調達しに行ったものです。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225632j:plain

そんな大月で富士急に乗り換えですが、「寿駅」は普通列車しか止まらないので40分くらいの待ち時間を利用して、駅の周りを散歩してみました。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225847j:plain

かいじ号に接続していたのは特急でしたので。

駅前になかなか渋い喫茶店になってる洋館があり期待させてくれます。そういえばこの駅に降りるのは「上諏訪夜行」を利用した時の深夜しかなかったので、周りの景色はわからなかったのでした。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225910j:plain

茶店になってる大きな洋館。


駅前から200mくらいでR20との交差点です。角にコンビニが。まだ残っていたことにちょっと感動でした。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225738j:plain

両側は東京から1時間とは思えないほど、ローカルな感じの市街地でした。
「こんなに古い建物が並んでたんだ」としばし感動。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225630j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181127225834j:plain


宿場町的な建物や町並みは、平行する狭い道の方に入るとありました。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225757j:plain

おそらくこちらが本来の甲州街道なのでしょう。飲食店が並んでいたり、古い重厚な家があったりと地方都市の旧市街地的な味がありました。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225800j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181127225755j:plain

時間をかけて路地までじっくり歩いてみたい気がしました。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225729j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181127225652j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181127225712j:plain


長くなってしまいましたので、続きます。
今回も読んでいただきありがとうございます。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225637j:plain


次回は富士急で「寿」で下車。さらに河口湖まで行った時のことを書きたいと思います。

f:id:MIKIMOTO7:20181127225649j:plain

 

 

気分は連絡船・東京湾フェリー

こんばんは。津軽旅はよかったですが、時間の都合で行けなかったところが多数出たのでまた行きたいです。
寒いの大嫌いだけど、ストーブ列車と地吹雪体験もしてみたいし。


10月は旅をしたんだから大人しくしてなきゃと思ったんですが、ある土曜日、外は抜けるような青空。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222543j:plain

これはどこかに行かなきゃもったいないと考えた末、直前に読んだ東京湾フェリーに乗ってみたくなりました。


以前は東京湾フェリーとJRがセットになった日帰りフリー切符があったはずなんですが、いつの間にかなくなってしまいました。
しかも特急さざなみ号が君津あたりまでしか行かなくなって、本数が激減したせいで使えないので総武快速と普通で浜金谷へ。普通だけだと遠いわ。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222620j:plain

千葉まではグリーンで。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222610j:plain

この車両も置き換えられるとか。

内房線が使いづらくなったのは、アクアラインと高速道路ができたせいです。
前は特急さざなみで館山まで行けたのに。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222614j:plain

千葉エリアはこの車両がほとんどのような。

そういえばアクアラインが開通した時に、バイクで走ってみたかったけどあまりの通行料の高さに木更津〜川崎のバスで「代行」したっけ。


時間はかかったとはいえ、君津から先の海岸線を通る車窓は以前と変わらずきれいでした。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222556j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181114222559j:plain

観光地「鋸山」などの玄関の駅にしてはローカルな「浜金谷駅

f:id:MIKIMOTO7:20181114222602j:plain

 

国道に出て少し歩くと浜金谷港です。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222712j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181114222751j:plain

アクアラインができて廃止の危機なんて言ってましたが、どうしてどうして結構利用してる車が多いです。
考えてみれば全く競合してませんからね。横須賀の先の久里浜ですから。


凪いでると思った海ですが、いがいと波が高いので揺れるかなと思いましたがほとんどそんなことはありませんでした。


乗船の前にレストハウスで昼飯。海鮮丼、美味しゅうございました。すぐに出てきたのでびっくりしましたが、フライとかと違って具を乗せるだけだから早いんですね。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222920j:plain

値段もリーズナブルでした。

旅客乗船口から乗船。連絡船なんて久しぶり。

青函連絡船を思い出しました。でもその時のようなスタッフが出迎えることもなくビジネスライク。乗ってみると座席主体の宇高連絡船に似てる感じでした。海上バスがわりに使われていそうです。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222738j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181114222743j:plain

列車とは一味違う旅です。

ほとんど揺れもなく出航。運よく最前が取れたので眺めが楽しめました。
はるか先に久里浜が見えました。乗船時間40分ですから。


青函連絡船だと距離が長いから、海を越えてるって感じがしました。そして函館山が見えて、だんだん大きくなって到着。降りると風が違うので北海道へきたって感じがしました。

今でも18切符はいい金額の別料金になるから乗り場は離れてるけど、船で渡るというのもアリですね。


話を戻して東京湾フェリー。まっすぐ東京湾を横切る航路ですが、交差する船が多いのには驚かされました。
大型、中型船から漁船まで。これは事故るよなあって。

f:id:MIKIMOTO7:20181114223136j:plain

こんな近くを当たり前に横切って航行してます。

コーヒーを飲みながら景色を眺めてるともう着いたのって感じで久里浜港に。
下船すると駅に行くバスが待ってます。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222635j:plain

こちらは久里浜港。すぐ近くに京急久里浜行きのバスが待ってましたが超満員。

「確か15分くらいって聞いたなあ」って歩いて駅へ。
これが意外と遠かったです。しかもずっと登り。15分って聞き違いだった?


初めての土地なので付近をぶらついて、京急の未乗区間だった浦賀まで。
山の上に駅があるって感じでした。ついに京急全線コンプリート。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222658j:plain

優等列車三崎口に行くので各停のみのようです。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222651j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181114222705j:plain

本当に終点って雰囲気が。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222648j:plain

山に張り付くように駅があります。


この日はこの後、観音崎近くのR16の消える場所まで歩くという苦難のオプションまで行ってしまいました。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222638j:plain

観音崎の丘へ向かう途中にあります。

f:id:MIKIMOTO7:20181114222540j:plain

この道が海中へという感じ。

もう日が短いのでオプションは考えても無理ですね。

 

今回も読んでいただきありがとうございます。