基本は日帰り・ご近所さんへの旅鉄訪問記

本家ブログ「どこへいけば苦しみを愛せる」の鉄分ブログ。日帰り旅鉄の薄口訪問記。

新幹線の秘境駅・奥津軽いまべつ

こんばんは。ついに書きます9月の終わりに行った五能線乗り歩きシリーズ。何回になるかわかりませんがお付き合いいただけたら嬉しいです。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001322j:plain


まず、いきなり最果て感を味あわせてくれた、新幹線の秘境駅奥津軽いまべつ編。


今回の五能線旅行はこの路線を知った25年前からの構想でした。
何しろ1日で乗り通すのは困難な上、まだ有名になる前、

艫作不老ふ死温泉が素晴らしいので入ってみたい。
津軽鉄道のストーブ列車も捨てがたい。

これを詰め込むのは至難の技でだった上、
行くのなら冬がいいが、冬の五能線は雪に埋まったりしてよく不通になる。

計画運休で深浦ー鯵ヶ沢は1日3本。
「乗るのが大変なローカル線」だったのです。


そういう問題以外に、周遊券が使えないので
ここだけで旅行を組まなければならないと極めて難産でした。


そんなこんなで25年、「一度は乗っておくべきローカル線」を訪ねることができました。
最初は五能線のみを乗り降りする計画でしたが、五所川原行くなら津軽鉄道も味わいたいと往復することを組み込みましたが、

そうすると「リゾートしらかみ」で一気に通り抜けてしまう形になってしまう。

(昔はそれでよかったんですが、やっぱ1駅でも途中下車してみると記憶の残り方が強いんですよ。これは、今まで乗りつぶした路線の中に記録には残ってるけど記憶がまったくないと路線が数多くあったせいもありました)

今みたいにスマホで写真を撮りまくれる時代じゃなかったから。


なんとか片道でも組み込めないかなと、路線図とにらめっこしてると、いまべつから津軽中里にバス路線が。
北海道新幹線開業の記事に載っていた、観光客誘致のために新設したバス路線でした。

「新幹線の停車時間に合わせないわけないだろうから、つながらないわけない」と時刻を調べるといい感じに接続してたので「完璧じゃないか」と。時間的に津軽鉄道で途中下車できないのは残念でしたが。


前置きが長くなってしまいましたが、紆余曲折とパズルを組み立てるように予定を組んだのは久しぶりでしたので。


色々あったけど予定どおり「はやぶさ15号」で東京を出発しました。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001220j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181018001244j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181018001238j:plain

 

乗車時間が3時間を超えるので、「グランクラス」を試したいところでしたが、経済的事情で普通車で。

しかしながらE5系の普通車の座席は座り心地よく、腰も痛くなりませんでした。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001233j:plain

以前のグリーン車みたいな座り心地がいいシートでした。

いつ乗っても大宮を出てからのトルク感と車窓を早回ししてる景色は、「今日も飛ばしてまっせ」って感じで気持ちいいですね。

まだ紅葉には早かったのは残念です。紅葉の時期だと関東では色がついてない葉が、北に進むにつれて綺麗なオレンジや赤に山がなって季節が進んで行く感は東北新幹線ならではものだと思いますので。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001315j:plain

駅弁は列車に乗って食べるからこそ美味しいのです。

2時間ちょいで盛岡。早い!
ここからは未乗区間。とはいえ、トンネルばかりでなんてことなくあっさり新青森。初乗り区間の味わいが…。

新青森まで乗ったので、東北新幹線はコンプリート。八戸開業時のタイトル返上から長かったです。
新青森も「新」が付く駅の法則どおり青森みたいに栄えてない印象が。

そこから北海道新幹線区間1駅16分で目的の「奥津軽いまべつ」。
乗車時間の割に疲れませんでした。

こんな駅で降りるの私くらいじゃないのと思いましたが、他にも10人くらい下車。
駅そのものは全体的に北陸新幹線佐久平に似た感じでコンパクトでした。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001311j:plain

コンパクトなつくりは、通過線がなければ熱海駅にも似てるかも。

ゆっくり駅を観察したかったですが、バスの接続が10分ないのでそのまま流れで出口まで。
コンコースがなかったリとほとんど佐久平と同じ作りでした。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001300j:plain


跨線橋を渡ると、保守車両が並んでいてこの駅の存在価値を示していました。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001223j:plain

この駅の存在意義は旅客よりも本州側の保守基地なんですよね。

端っこに引き込み線のように津軽線が。メトロの駅のように「津軽二股」とつながっていましたが、寄り道はせずバス乗り場へ。ここの接続がちゃんとあれば竜飛崎に行く計画も構想25年、未だに構想中にならないのに。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001255j:plain

津軽線との接続はなんとかして欲しいですよ。駅が繋がってる意味がないと思う。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001248j:plain

駅舎はそれなりの存在感を保っていました、が...。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001229j:plain

この時刻表、過疎ローカル線ではありません。立派な新幹線です。

駅から出てびっくり。周りは何もない田園の中。自販機さえもなかったかも。
降りた他の人は、横にある駐車場に。ここに車を止めて新幹線利用のようです。

止まってるのは暇そうなタクシーと、これに乗るんですか?
の、小型マイクロバス。乗客は私一人。乗り込むとすぐに発車しました。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001213j:plain

このバスの道中がまたエキサイティングなんです。乗客は私一人でしたが、経路を含め興味深いのでおすすめです。

津軽中里まで孤独の路線バスの旅です。
駅のロータリーを出ると、なんと道は1.5車線の県道。

f:id:MIKIMOTO7:20181018001216j:plain

これが新幹線の駅前と言って誰が信じるだろうか?

開業したばかりの安中榛名駅もかなりアレだったそうですが、ここまで田園と山しかない場所じゃなかっただろうと思いました。駅の周りも含め、開発の「か」の字も感じられませんでしたから。

町らしい町は津軽中里付近までほとんどなく、ほとんど「秘境路線バスの旅」でした。
しかも私のスマホがずっと圏外のままだったのにも恐れ入りました。

f:id:MIKIMOTO7:20181018003518j:plain


五能線旅シリーズ・1。奥津軽いまべつ編を読んでいただきありがとうございます。

千葉ユーカリが丘のド・マイナー路線「山万」

こんばんは。真夏のネタが進まないので新しいものから記事化することにしました。
先日の休み、構想25年、念願の五能線旅行に行くことができました。これは少し長編になりそうです。

経路の都合上降りることは絶対ないと想われた「新幹線の最強秘境駅奥津軽いまべつ駅」を利用。

来月のビューカードの請求が怖いです。

 

乗りつぶしアプリを見ると千葉に「山万」なる路線が目につきました。
路線図を見るとユーカリが丘から9の字型のミニ路線。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000008j:plain

そんな鉄道聞いたことないぞと調べてみると、なんと山万という不動産屋が運営する新交通システムと。
鉄道事業者以外が鉄道事業をやってる珍しいところとか。


しかもGREATなところは開業以来事故率0、国土交通省から表彰されたという。
さらに、ユーカリが丘にあやかってか、コアラ1号、2号、3号のPOPなイラストの入った車両が走り回ってる様子。

おそらく本業が不動産屋だから、ニュータウンの交通の便のために作られたのではないかと推測。
これは行ってみるしかないでしょう。


地元からは地下鉄東西線でどこに連れて行かれるんだの終点、「東葉勝田台」から京成線で2駅、「ユーカリが丘
ちなみに西船橋東葉勝田台間は「PASMOクラッシャー」で名高い東葉高速鉄道です。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000011j:plain

東葉高速鉄道、運賃の高さで有名です。

さすが1000円以上チャージしてないと清算になります。

 


ユーカリが丘駅を出て、間借りしてるような乗り場に行くと、小ぶりな3両編成でコアラのイラストの入ったPOPな車両がお出迎え。しかしこの路線、PASMOなどは使えず一律200円の切符を買います。バスみたい。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000003j:plain

山万のユーカリが丘駅。駅員配置駅はここだけ。

路線は単線で走り出すと湘南モノレールのようなアトラクション感が味わえます。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000225j:plain


あそこまで酷くないけど。中間車に夏季は使い捨てのおしぼりという嬉しいサービスが。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000332j:plain


モノレールの遅くてゴロゴロした乗り心地でマメに駅があります。
その駅名が「公園」「女子大」「中学校」とやたら投げやり。


てっきりニュータウンの中を走る交通機関だと思ってたんでうすが、計画都市らしいのは二股に分かれる公園駅あたりまで。そこまでは近未来な住宅やタワマンの中を通り抜けます。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000326j:plain

しかし、公園駅で二股に分かれると途端に自然たっぷりで、時折高層マンションが建ってる発展途上の郊外住宅地。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000022j:plain

せっかくなので、地形図と地図を見て興味深そうな「中学校」で降りて見ました。
乗ってくる人もそこそこいて乗降人数の高い駅のようです。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000014j:plain

駅といってもバス停が鉄道用に進化した形とでもいいましょうか。
すぐ横に小山があって城跡と書いてあったのでいって見たら、城跡というより神社でした。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000316j:plain

その小山の下は、ため池と湿地の木道のある公園。
どうやらこの一帯は宮の杜公園というらしいです。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000307j:plain

ニュータウンとは別世界の自然たっぷりのまったりポイントです。
このため池のコンクリートの感じからしてかなり古そうです。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000310j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181012000246j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181012000238j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181012000304j:plain

林道のような新た道が。

一回りする道があったので歩いて行くと、何に使われてたのかわからない廃墟の変電所らしきものがありました。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000234j:plain

古い建物で使われていませんでした。

うーん、なかなか奥が深いぞ。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000255j:plain

何か歴史を背負ってる感じ

そのまま道なりに歩いて行くと水路を超える橋があって駅があったので歩いて行くと、隣の「女子大前」でした。

 

 

確かに道路の向かいは女子大でした。
そこからユーカリが丘行きに乗って、ユーカリが丘に帰ってきました。

f:id:MIKIMOTO7:20181012000252j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181012002104j:plain


計画都市と発展途上エリア、市街化調整区域のような場所があったりの混じり合った車窓はなかなか面白かったです。
おまけに謎のため池や廃墟まである、短いながら趣味的には中身の濃いユニークな路線ではないでしょうか。


知る人ぞ知るDEEP路線「山万」はやはり深かったです。


今夜も読んでいただきありがとうございました。

東京湾臨港線跡をたどったら変化に驚く

こんばんは。「貨物時刻表」は非常に興味深く散歩のコースに取り入れてみたい路線も結構あります。
東北本線のダイヤを見て、夜間の貨物列車の多さにおどいたことを思い出します。


今回は前回の続き、越中島から晴海埠頭まで歩いた時のことを書きます。
越中島といっても京葉線の駅ではなくレールセンターの方。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234640j:plain

貨物線に沿っていって方が近いのですが、あまりに遠いので新木場から一駅。潮見駅で下車。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234731j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181004234738j:plain

 

さすがに休日なので、通る人も車もまばら。典型的な工業地です。

駅から歩いて行くと「印刷団地」の看板が、どうやらこのあたりは印刷従事者の住宅のようです。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234736j:plain

こんなエリアが湾岸にあったなんで知りませんでした。東京は深いです。

凸版やDNPのような大手しか知らないので、初めてそんなところがあることを知りました。

確かに道向かいには印刷会社が並んでいます。
広い道を運河の方に歩いて行き、工場の間の路地がレールセンターのある埠頭に渡る橋でした。注意してないとわかりづらいです。


レールセンターの線路が終わり、真ん中の使われてなさそうな敷地の端で車止めで終わっています。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234717j:plain

真ん中の路盤がずっと続いて行きました。

ここからが「東京都臨港線」の廃線探し&散歩です。

f:id:MIKIMOTO7:20181005001453j:plain

道の反対側は「都有地」と看板が出てて更地が続いています。
首都高速9号線の下道を回り込んで渡ると細長い何も使われてないとちが豊洲の方へ続いています。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234728j:plain

港湾局管轄の土地は一部を除いてマンションの敷地にはなってないようです。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234555j:plain

藪の中に錆びたレールが。

なるべく離れないようにそばの道の歩いて追って行きました。ところどころ林というか藪になっていて覗き込むとさびたレールが残っています。空き地は運河のところで終わっていて運河は親水公園のようなプロムナードになっていたので、また運河を見ながら大回りをして反対側に出ました。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234702j:plain

しかし、運河を越えたところは豊洲のマンション群に入っており痕跡は正確にたどることが困難になりました。しかし、緩いカーブを描く土地が駐車場に使われていました。まだそこが跡地だとはわかりませんが、区画整理されてるならまっすぐになってるはずです。この答えは先にいって時に推測できました。

とはいえ、完全にマンションの建物になってるところもあるので推測でしかありませんでしたが、その駐車場に近い道をたどって行きました、

すると、豊洲線の最大の遺構である豊洲運河の橋台が見えました。
運河は水上バスの航路になっており、橋台にカンテラみたいなものが付いていて注意を促していました。今でも活用されているようです。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234648j:plain

豊洲線最大の遺構、運河を渡る橋梁の

豊洲駅側は公園になっていて、レールを埋め込んだプロムナードになっていました。運河のところが座れるようになっていたので水分補給を兼ねて休憩。そこで気がついたのです。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234604j:plain

正確性は疑われますがレールが埋め込んでありました。

橋台の先は駐車場や半端に空き地になっています、それが帯状に続いていたのでした。
もしかして、この帯状の土地は廃線跡ではないかと。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234605j:plain

反対側は建物の谷のような感じなのです。

マンション化をはじめ再開発するときは大抵完全に更地にして建物を建てて行くのが定番です。でもここではそうでありません。もしかして廃線跡地の所有者は同じ東京都でも違うのではないかと思ったのです。

 

確か明治通りの横の空き地は東京港管理事務所だったので、手付かずでずっとそのままだったんではないかと思ったから。
それと同じで港湾局と東京都で持ち主が違うせいかと。

この辺りは以前来た時整地されて工事していたので、レールのオブジェはここに鉄道があったというモニュメントでしょう。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234638j:plain

そのまま公園を抜けて晴海通りを渡ると、有名な最大の遺構「晴海橋梁」。

f:id:MIKIMOTO7:20181005000912j:plain

ビル群の中にあって不思議な存在感があります。

ここから先は再開発前の古めの写真になります。

通りの方は柵がありますが正面から見れました。老朽化が一段と進んでいるのがわかります。
以前の豊洲地区が開発中の頃を見ると、周りがだいぶ変わっているのがわかります。

そして一番変わってしまったのは、橋を渡ったところからです。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234512j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181004234514j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181004234505j:plain

以前は晴海通りの横は公園になっていて柵はしてありましたが、レールが残っていて小野田セメントの踏切の跡、

f:id:MIKIMOTO7:20181004234524j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181004234543j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181004234456j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20181004234458j:plain

その先のヤード跡の広い土地まで写真に残っていました。まだ首都高晴海線が準備工事の段階でした。


その先は客船ターミナルと元国際展示場なので見に行かなかったのです。


実は晴海公園のあったあたりに古い建物があって、レールが埋まっていたらしいと後から聞いて勿体無いことしたなあと思ったのでした、

先日行った時には元小野田セメントのあったあたりから広く埋め立てられており、昔日の面影が全くなくなってました。

f:id:MIKIMOTO7:20181004234619j:plain

こんな広い空き地や外周の道があったあたりは海の中だったはず。


日が暮れて来たこともありここで散歩はやめて戻ったのでした、

 


その後にオリンピックのために晴海公園もすでに潰されてたと聞いたのでした。

 


スキャンは大きめでやったほうがいいですね。ひとつ勉強。
あと、雑草や木が多いから廃線跡歩きは冬か春さきがいいですね。

 

今日も読んでいただきありがとうございます。

「貨物時刻表」が当たりました

こんばんは。月末に3日の空きができたので、構想25年、やっとかなって津軽鉄道五能線に行くことができました。
他の旅行計画と親和性がなくてなかなか行くチャンスがなかったので。

次はチャンスがあればストーブ列車と地吹雪体験に行ってみたいです。


本来ならば、前回の続き「越中島ー晴海」の廃線跡を新旧の写真を交えてレポートするところですが、このブログをいつも載せてくださる「鉄道コム」(

www.tetsudo.com

)のアンケートに当選しました。

ずっと欲しかった「貨物時刻表」が当たりました。

f:id:MIKIMOTO7:20180930220417j:plain

業者向けとはいえ読み物としても興味深かったし、これでチェックすれば不意に走ってくる貨物列車の写真が撮れるなと楽しみです。

 

「鉄道コム」さん、ありがとうございます。

下町の都電廃線跡と越中島貨物線

こんばんは。9月28日から長年の懸案だった五能線に乗りに行きます。
楽しみですが、雨と台風が心配。長期間旅行で台風直撃は何度かありますが、短期なので初の全日程降雨の可能性も。


今回と次回は下町から湾岸の廃線跡歩きです。
とはいっても行きやすいところなので、散歩気分で気楽に歩くことができます。


出発は総武線の「亀戸」駅南口。
都電38系統の跡の緑道を歩きます。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223911j:plain

中央総武緩行線、亀戸

f:id:MIKIMOTO7:20180926224036j:plain

この都電の前身は「譲渡電気軌道線」という軌道線で、駅の北側の方にも路線があってそこも緑道公園化されているというので、機会があったらそちら側も歩いてみたいと思います。


緑道は亀戸駅南口を出て、駅前のR14京葉道路を渡ったとこから始まってます。
駅を出るとまさに「横丁」な昭和の飲み屋街があったり発見があります。

f:id:MIKIMOTO7:20180926224034j:plain

高架に沿って「横丁です」って感じで並んでます。

f:id:MIKIMOTO7:20180926224026j:plain

京葉道路を渡ったところが始まりです。

この緑道は専用軌道だったところで、レールを埋め込んだモニュメントがあったりと鉄道の面影が残ってる散歩道です。
地元の人の生活道路にもなってるようで、割と歩いてる人が多いです。

f:id:MIKIMOTO7:20180926224028j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180926223857j:plain

途中にはレールを埋め込んだモニュメントの他に、車輪を展示したモニュメントがあったりします。

f:id:MIKIMOTO7:20180926224011j:plain

沿道は「江東区です」というような下町の町並みや古い家も散見され、退屈しません。

f:id:MIKIMOTO7:20180926224721j:plain

首都高7号線を過ぎて西大島あたりにくると、緑道は路地裏のような感じになって明治通りに合流します。

f:id:MIKIMOTO7:20180926224023j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180926224013j:plain

ここにもレールのモニュメントが。

明治通りを歩いてくと小名木川を渡る橋で越中島貨物線が見えたので、明治通りを歩いて行くよりは面白そうなので川に沿って鉄橋のところまで移動し、貨物線に沿って歩いて行くことにしました。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223943j:plain

並行してる越中島越中島貨物線。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223940j:plain

そしたらなんと、都内とは思えない郊外型のマンションや巨大ショッピングセンターがあるではありませんか。
こんな住宅街に巨大マンションやショッピングセンターを建てるなんて、この辺り相当大規模な再開発をしたのか?

そう思って歩いて行ったところ、そのエリアの端にあたるところに北砂二丁目公園がありました。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223903j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180926223852j:plain

その公園の隅に車輪のモニュメンと小名木川駅の歴史の説明板が。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223938j:plain

車輪と説明板が。

それに1.6mという低いガードをくぐったところ、使われてるのかないのかわからない半ば廃墟と化した建物が。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223933j:plain

低いガードって探すと結構ありますね。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223930j:plain

廃墟のような建物が、敷地を封鎖してないので何かに使ってる?

封鎖されてなかったので近づいてみると「小名木川駅統合詰所」の文字が。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223927j:plain

しかし、人の出入りがなさそうな気配。

どうやら先の巨大マンションやショッピングセンターが建っていた土地は「旧小名木川貨物駅」らしいです。
そういえば、土地の形が駅の跡のように見えます。


しかし巨大な貨物駅だったんですね。
そういえばこの辺りの貨物線は複線用の用地を持ってます。

貨物全盛期にはさぞたくさんの列車が走っていたのでしょう。


そのまま線路沿いの道を歩いて行くと、その複線用の用地の余ってるところを利用した南砂鉄路公園という歩道になってます。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223920j:plain

JR貨物が線路用地を貸して作ったようです。

貨物線のすぐ脇で線路がよく見えます。説明書きには「列車に親しんでもらえるよう云々」とありました。

けど、平日一日3往復の列車じゃ、遭遇できたら運がいいって感じで親しみようがないじゃないのよ、などどツッコミを入れてしまいたくなります。

歩道が終わるあたりは軒並み更地になっています。
いずれこの辺りはマンションが林立するようになってしまうのでしょう。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223923j:plain

下町のあたりはこういう更地が目立ちます。

下町はこういうところ多いです。


一度明治通りを迂回して南砂三丁目交差点辺りからまた緑道が始めるのでこちらを歩きます。
こちら側は「南砂緑道公園」と言い、ここも軌道跡を緑道化したとか。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223835j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180926223832j:plain

こちらにもモニュメントがありました。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223907j:plain

この道の面白いのは、亀戸方面からきた場合、右側が下町的な住宅風景、左側が高層マンションが林立してる風景のギャップ。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223826j:plain

こちらが東陽町側。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223816j:plain

こちらが湾岸側。

そのマンション群を大回りしたところに大砲のレプリカみたいなものが。「史跡・長州藩大砲鋳造場跡の碑」らしいです。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223806j:plain

その先には東京ローカル食品スーパーながら「顧客満足度・会社成長度No.1」のOKストアが。
以前住んだところにひっそりとあった格安スーパーが、大型化して続々と増殖してるなあと。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223801j:plain

この辺りのマンションの食料を一手に担ってる感じ。

そんな感じでぶらぶら歩いて行くと、地下鉄東西線東陽町駅のところに出ます。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223915j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180926223754j:plain

路線はここより都心寄りの洲崎までと書いてありますが、栄代通りに取り込まれてしまったのでしょう。


ここまできたなら越中島貨物駅まで行ってしまおうと明治通り方面に歩いて行くと、珍スポットが。
なんと踏切があり貨物線が平面交差してたんですね。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223746j:plain

踏切と一体になってる交差点。

なんとも不思議な風景です。マンションが並ぶ街の中に非電化単線の線路が谷間のように続いています。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223743j:plain

マンションの谷間に単線のレールが。

江東区葛飾区、江戸川区は南北貨物線があるのも関わらず、交通がバスだけなので、なんとももったいないと思います。

マンションがどんどん建って沿線人口が増えると思われるのだから、3本しか走らない貨物線を活用できないものですけね。


貨物駅が目的なら先ほどの東陽町からまっすぐ目指した方が近いのですが、どうしても見たかった場所があったんです。
それは貨物線から分かれて新木場を目指した、東京都の臨港線。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223733j:plain

新木場に向かう明治通り沿いに続いてます。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223727j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180926223724j:plain

しかしそれは計画倒れに終わり未成線となったのですが用地は残っており、まるでグリーンベルトのように明治通りに沿って空き地が続いているというので。

越中島に近いのは「汐見」駅ということで歩いてみましたが、遠い…。
バス停があったので時間を見てみたらすぐに新木場方面行きがあったので「バス代行」。


新木場まで、こりゃ歩けないやという距離でした。
道端の空き地は夢の島の公園まで続いていました。


新木場から京葉線で一駅。この区間海上を通る区間が実は好きです。

f:id:MIKIMOTO7:20180926223722j:plain

 


次回は有名な、豊洲方面へ通ってた東京都臨港線跡をたどります。

 

今回も読んでくださってありがとうございます。