基本は日帰り・ご近所さんへの旅鉄訪問記

本家ブログ「どこへいけば苦しみを愛せる」の鉄分ブログ。日帰り旅鉄の薄口訪問記。

都営三田線西高島平・そこは東京の僻地だった

こんばんは。そろそろ夏の旅行を考える時期ですね。

「都内秘境駅」としていくつか訪問して見ましたが、それらは「利用人員」から算出して利用客が少ないという駅でした。
しかし、今回訪問した都営三田線西高島平駅はいってしまえば「東京の果て」、連絡交通の不便さによる陸の孤島具合から「都区内の真の秘境駅」とも言えるだろう。といえるような戦闘力が高い駅でした。

f:id:MIKIMOTO7:20180620222708j:plain

ご存知都営三田線の終着駅。

この駅の存在は路線図で知っていましたが、駅が極めて特異なのは平行する道を走った時見て思いました。
都営三田線和光市戸田市へ入らないのは都営だから」と言われてましたが、まさにそのとおり。

f:id:MIKIMOTO7:20180620222643j:plain

都県境を目の前に高架がぶっつり切れてます。

凸版印刷の工場がある関係で志村坂上まではよくいってたが、その先は訪問のためといえ初めて。
ここから地上区間になるとは知りませんでした。

住宅を縫うように走った線路は西台から高島平団地に入るとずっと西高島平まで直線。
車内は都内の混雑が嘘のような郊外電車的ムード。

程なく終点の西高島平。先は車止めになっており、高架はそこでぶっつり切れている。

f:id:MIKIMOTO7:20180620222638j:plain

終着駅。

売店もなく殺風景な構内を出ても店一つなく、先は首都高の高架が屋根のような新大宮バイパス笹目通りの交差点。

f:id:MIKIMOTO7:20180620222724j:plain

なぜか歩行者は新大宮バイパスの板橋側に行けないのです。

バス停があるが、成増駅へ行くバスがどこから出るかわからない。
っていうかバス自体が止まっていない。

f:id:MIKIMOTO7:20180620222557j:plain

ここしかバス停がないのですが...。

まさに東京のどんづまり感満載。

緑道公園の向こうには住宅があるが、駅の反対側は色々な会社の流通センター。
大型トラックが並んでいる。

繁華街は皆無、コンビニさえない。

交差点を歩行者は渡れないので歩道橋で新大宮バイパスの歩道へ。
この辺りは歩行者が通ることがほとんど考えられていないような設計の感じ。

歩道橋に上がらないと全長600mというR17の笹目橋の荒川の歩道に行けない。その荒川のこの辺は和光市板橋区川口市の境が交差してるとこで、橋の上で埼玉県和光市に入り、真ん中あたりで戸田市に入るというよくわからないところ。

f:id:MIKIMOTO7:20180620222600j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180620223725j:plain

まず埼玉県和光市に入り。

f:id:MIKIMOTO7:20180620222605j:plain

200mくらいで戸田市に入るのです。


橋を渡って戸田市に入ると、そこは鉄道空白地帯とはいえ、バスも不便というここに住むなら車を使えという場所。
これは、白子川を渡って埼玉県和光市の方も同じ。

大泉へ行く笹目通りはかつて外環自動車道がなかった時は、時間や時期によっては24時間渋滞してたドライバーや沿道住民泣かせの道だった。

笹目通り、笹目橋共に白バイの稼ぎ頭のようで何台も「強制募金」させられていた。特に笹目橋は直線で流れが早いのでいい獲物にされるので要注意。


荒川渡って戸田に入っても鉄道空白地帯。それならバスが発達してるといえばそうではなく、ほとんど田舎のバスだから恐れ入りました。

f:id:MIKIMOTO7:20180620222626j:plain

これが23区に隣接した地の鉄道空白地帯のバスか?

 

 

 

今日はそんな感じです。読んでくれてありがとうございます。

高度通勤路線化する千代田線北綾瀬支線

こんばんは。さすがに晴れの日の散歩や訪問は困難になりました。
真夏日に歩き回ってたら熱射病になりますよ。


区間盲腸線って独特で好きです。
ローカル線だと1日数往復の乗るのが大変な路線があちこちにあって、それがまた独特な味があって乗らずにはいられませんでした。

しかしJRになる前に大半が廃止されてしまいました。

 

でも、東京にもいくつかあり「乗れる時に乗っておかないと面倒」な路線ばかりですが、本線にはない独特な雰囲気が楽しいです。

大半はレジャー施設や大きい寺社への参拝の便宜、車両基地への送り込みのついでに営業してるのだと思いますが。

今回の東京メトロ千代田線・北綾瀬も、綾瀬からなんで1駅飛び出してるのか不思議でしたが車両基地北綾瀬にあるというので納得しました。

なので、常磐線緩行線って大半は綾瀬で北綾瀬に行ってると思っていました。
実は違ったんですね。


綾瀬〜北綾瀬館は専用の3両編成が往復する路線で、車両基地へは回送で入れてるとは、現地に行って初めて知るって感じでした。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000346j:plain

綾瀬駅の外れの方にある行き止まり式の0番線から。

それが北綾瀬付近は住宅地で本線との直通運転の要望が実って、本線列車を入れるようにホームの10両化をしています。
今年度予定とあったのでいい時に訪れたなあと思いました。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000405j:plain

訪れた時は準備工事の段階でした。


綾瀬駅の専用の0番線の発着だったのですが、直通になったらここはどうなるのでしょう。
3両のワンマン運転で高架をトコトコのんびり走ってあっという間に北綾瀬

f:id:MIKIMOTO7:20180617000826j:plain

典型的な都内の高架駅です。

車窓は住宅街です。
複線の線路はありましたが、単線を交互運転してるのかわかりませんでした。

ただ駅の発着は片面でしたが。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000356j:plain

3両がいっぱいに止まります。撮影ができないできない。


駅は環七通りに面していますが、綾瀬のような歓楽的なものはなく住宅地の高架駅って感じでした。
駅を出て戻るように行ったとこに水辺のあるいい公園がありました。

線路はそのまま高架で環七を越え、地平に降りると車両基地になってます。
元々は車両基地への引込み線を、付近の住民の便宜のために営業してるという性格だったのでしょう。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000326j:plain

駅から直進するとそのまま車両基地

駅を出て車両基地の周りを一回りしましたが、完全な住宅地でした。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000631j:plain

管理用の道が暗渠みたいな雰囲気。

f:id:MIKIMOTO7:20180617002239j:plain

東京メトロの社宅。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000330j:plain

車両基地の社屋。

話に聞くと、見沼親水公園のように元々は田んぼや畑だったとこを宅地化したところらしいです。
そのせいか整然とした住宅の並びですが、裏路地のような暗渠みたいな細い道が不規則にありました。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000622j:plain

典型的なな住宅地です。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000415j:plain

住宅街には珍しいデフレ自販機が。

この辺りは環七のバス以外は千代田線以外、連絡できる交通手段がないみたいでした。
足立区の外側はどこもそうなのでしょうか。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000418j:plain

駅を見てると支線の駅には見えないくらい利用者があります。

まあ、こんなもんかと駅前に行くとついた電車から結構人が降りてくるので、直通の要望が出てもおかしくない感じでした。

先ほどの公園でひとやすみ。
結構広く、自然公園に近い感じなのでのんびりするにはいいところではないかと。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000343j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180617000403j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180617000400j:plain

渓流ぽい雰囲気の園内の水辺。

綾瀬って遠いイメージでしたが、根津から千代田線できましたが距離の割には時間がかかりませんでした。
南北線もそうですが、もうここまできたのって感じ。

やっぱ道路だと回り道になったり渋滞があるからでしょう。

f:id:MIKIMOTO7:20180617000334j:plain

池には菖蒲でしょうか。たくさん植えてあったので開花の時期は綺麗でしょう。

 


こんな感じです。読んでいただきありがとうございます。

西武池袋線・旧入間川橋梁と仏子の珍スポット

こんばんは。今回も西武池袋線新宿線安比奈線跡に並ぶ有名廃線跡の旧入間川橋梁。
さすが、訪問してる人が多いです。

その入間川橋梁を去年訪れた時と、飯能の帰りに仏子のお城の廃墟を見に寄り道した時見つけた仏子側の珍スポットを。

f:id:MIKIMOTO7:20180611201903j:plain

入間川橋梁。スマホだと天気に写りが左右されるのが困りものです。

西武線ユーザーならわかると思いますが、駅のいくつかに「無駄に敷地が広い」駅があります。
廃線跡本やブログで、貨物駅や廃線になった専用線が分岐していた跡だと知ることができました。

f:id:MIKIMOTO7:20180611202135j:plain

 

f:id:MIKIMOTO7:20180611202113j:plain

最寄駅は元加治駅。駅からそう遠くありません。

そんな子供の頃から謎だった駅の一つが「元加治駅」でした。
今、駿河台大学のスクールバスが発着場のある広い空き地。

f:id:MIKIMOTO7:20180611202143j:plain

島式1面のホームなのに、敷地が無駄に広いのは昔と変わってません。

これが入間川の砂利を運ぶ引込み線があった関係だと知ってなるほどと思いました。
しかし、この廃線跡はまったくに近いほど痕跡がないというので歩いたことがないんですが。


去年、旧入間川橋梁を見にここに降りたのは、なんと小学生の頃以来ですからもうなん十年ぶりだ?
ここによく川遊びにきていたのです。

ちょうど橋梁の横を通る道の橋の下あたりの河原です。
「田舎の駅」という表現がぴったりな雑木林に囲まれた当時の元加治駅でした。

その頃にはすでに複線化により線路はつけ変えられていました。


新しくなった駅を降りてみるとすっかり住宅地に変わってました。
記憶を頼りに線路近くを歩いて行くと、旧入間川橋梁のはじにぶつかりました。

f:id:MIKIMOTO7:20180611202100j:plain

橋の延長部が道路なのですが。

位置関係的には歩いてきた道が旧線跡っぽいのですが、住宅の中と書いてる人もいます。
記憶が…というより、その敷地には当時は近づけなかったような…。

f:id:MIKIMOTO7:20180611202044j:plain

位置関係的には道路なのですが、右の住宅のあたりとの記述も。

そこからすっかり立派になった道路橋を渡って川に沿って行くと、河原に遊歩道があって簡単に橋梁に近づくことができます。
昔はそんな道がなかったので、川に入って渡らないと近づけなかったのです。

f:id:MIKIMOTO7:20180611203305j:plain

川沿いの住宅から回り込むように堤防上の遊歩道に上がります。

f:id:MIKIMOTO7:20180611202055j:plain

時代を感じさせる建築美です。

f:id:MIKIMOTO7:20180611201858j:plain

立派な煉瓦積みの橋脚と錆びついたガーダー。
特に保存されてもいないのになぜ撤去しないのか実に謎。


記憶では仏子方面に結構長い築堤が残っていたんですが、開発により潰されて住宅になっています。
今はわずかな土盛りと西武鉄道の所有地が。

f:id:MIKIMOTO7:20180611202002j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180611201955j:plain


なぜ、このあたりに遊びにきていたかというと、広い河原になっていて遊んだり釣りをするのにいい場所だったんです。
結構遊びにきてる人がいて、橋のたもとには釣り具などを置いた小さな店がありました。

しかし今は、遊歩道を作ったため河原はなくなり釣り人もいなくなっていました。

f:id:MIKIMOTO7:20180611201835j:plain

土盛りで河原がなくなってました。

その遊歩道は近所の人の散歩やサイクリングの場になっています。


また、大きな川を渡る鉄橋のない西武線の撮影名所になっているのは周知のとおりです。

f:id:MIKIMOTO7:20180611201919j:plain


そして先日改めて飯能へ行った時の帰りに仏子駅に降り立ってみた時のことです。
旧線の痕跡がほとんどないと思われた仏子側ですが、線路を付け替えたあたりの敷地が膨らんでいるのが踏切から見てわかりました。

興味深いので線路に近い道があることをマップで確かめたどってみました。
水路を渡る小さな橋梁が残っていました。

f:id:MIKIMOTO7:20180611201832j:plain

電車からだと見落とすような小さな橋梁。


他に何かないかと歩いて行くと、その道は小学校の裏門につながっていました。通学路だったようです。
それ以上は行けないので、元々の目的だった「取り壊し中のお城の廃墟」を見に県道に戻る途中に珍物件が。


あの泉岳寺にある、天井の低さで有名な鉄道名所「高輪架道橋」を小ぶりにしたような、高さが同じ1.5mのアンダーパスを発見。

f:id:MIKIMOTO7:20180611202107j:plain

こちらは有名な「高輪架道橋」。再開発でなくなるという噂も。

f:id:MIKIMOTO7:20180611202138j:plain

そしてこちらが仏子駅近くのアンダーパス。天井の低さが同じ。

おおっ、同じ珍スポットがこんなところにあるとは!
しかも、記事で読んだことないから、もしかしてほとんど知られてない?

意表をつく発見に一人感動したり。

ちなみにこちらは住宅街の中の生活道路、車はほとんど通らないようです。
突入した車との戦いの跡らしきものはありませんでしたが、屈まないと通り抜けられないのは同じでした。

f:id:MIKIMOTO7:20180611205131j:plain

頭がつきそうな低い天井。


県道に戻って、目的のお城の廃墟は取り壊し工事中で、アプローチ道路は封鎖され覆いに隠れてました。

f:id:MIKIMOTO7:20180611201821j:plain

実家暮らしの時は、手軽にいけた距離なのにすっかり忘れてたのが悔やまれます。

建物は見えませんでしたが、遺構がまだ見られたのはラッキーでした。

 

 

 

この日の旅鉄はこんな感じでした。読んでいただきありがとうございます。

西武池袋線・幻の飯能短絡線と天覧山駅跡

こんばんは。梅雨になってフィールドワークの機会が減ると思われますので、まだ記事にしてないトピックの消化ができたらと思っています。

今回は「西武池袋線・飯能の2つの幻。旧天覧山駅と短絡線」です。


それは、元加治の「ムーミン公園」に行こうと調べていた時に、たまたま目にした地元の人の散歩ブログ記事でした。

スイッチバック飯能駅を通らずショートカットをするために、線路を敷設するだけになったところで未成線になった「飯能短絡線」のことは知っていました。

しかし、東飯能〜高麗間に天覧山の観光のための駅、「天覧山駅」が短期間だけあったというのは初めて知りました。
駅があった期間は「上り屋敷」や「西鷺宮」と同じ頃とか。

グーグルマップにも載ってないスポットですが、今のR299バイパス沿いの「しまむら」の裏側あたり。
今は住宅で埋まってますが、かつてはもちろんバイパスはなく、狭い国道であたりは田んぼでした。


敷地は金網で入れなくなってるとはいえ、ホーム跡の盛土の痕跡とかつての駅前に植えられてたさくらの木が一本残っている。
そんなとこあったかなと思いましたが、写真があるし飯能駅からバスか徒歩で行ける距離とか。

それならば短絡線と合わせて機会があれば行ってみようと思っていたところに、武蔵丘の電車フェスタに行けることになったので、合わせて訪ねてみました。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005451j:plain

週末に出かけるなんて10年ぶりくらいか? 電車は「ホリデー」満載でした。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005336j:plain

イベントのメインの一つ。「ぐでたま」ショー。

午前中は電車フェスタを楽しんで、飯能へ移動。まずは旧天覧山駅を探索することにしました。
しかし、その天覧山入り口へ行くバスが目の前で発車してしまうという不運。

グーグルマップで所要時間を調べると、頑張れば歩けそうなので町歩きをしながら歩いて目指すことになってしまいました。
しかし、そこは地元近く住み。実家からよく名栗や秩父にツーリングに行ってたので、まったくわからないわけでもないので。

f:id:MIKIMOTO7:20180607010101j:plain

マップを見ながら歩いて行くと「らしい」場所に。
確かに写真で見たように金網で入れなくなってますが、石積みがあり。土盛りらしきものが。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005302j:plain

資料と同じ風景が。どうもここが「旧天覧山駅跡」らしいです。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005412j:plain

反対側から。


駅前っぽいところに年季のある一本木があります。
また、道がカーブしてますが、不自然に広くなってます。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005420j:plain

この不自然な広さとロータリーっぽさが気になります。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005417j:plain

そしてこの大きな木が保存されてる一本木?

とはいえ、他の廃駅同様なくなったのが終戦の年ですし、線路の付け替えが行われているので「そう思え」の域ですが。
ガイドになった記述には、駅前から天覧山の登り口まで一本道になってるとありました。

しかし、再開発により元国道との交差点から数十メートルのところで公共施設の敷地になって消えていました。
反対側に行ってる人がいないので、どうなってるか回り込んで行って見ましたが、住宅の前で行き止まりになってました。

f:id:MIKIMOTO7:20180607010959j:plain

バスが走る元国道に戻ると「ここら辺までくると、やっとツーリングらしい気分になったなあ」としみじみ。
バス停まで行って時間を見ると、予想どおりなので仕方なく歩いて東飯能に出ることに。


夏日で暑かったので東飯能の駅で休もうと思ったら、駅ビルになって「まるひろ」がある割に何もない!
仕方なく、駅前のコンビニで飲み物を仕入れ自由通路で小休止。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005426j:plain

東飯能駅が複線の用地を持っているのがわかります。


そこから見ると、八高線西武線の間に広がる空き地がよくわかります。
この空き地が未成線となった「飯能短絡線」です。

この飯能短絡線はその名のとおり、スイッチバックになってる飯能駅を通らずに貨物列車や特急列車を東飯能に向かうようにするために計画、着工されました。

しかし、最も必要としていた飯能での機回しをなくしたかった貨物列車が、輸送事情の変化で廃止されたため複線の用地は無用の長物となって放置されたままになってます。


しかし、R299ユーザーの一人としての意見ですが、貨物列車が廃止された時にはバイパスが全通してなかったので、狭い市内や八高線に沿った広いとはいえない県道を多くの大型ダンプが通り抜けるという極めて危険で問題でした。

実際、そのルートを通ると必ずダンプに囲まれて登り坂では低速、下りは高速で危ないったらありゃしませんでしたから。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005431j:plain

R299の踏切の中より。


脱線しましたが、その敷地内を横切る道路がR299の踏切。
この踏切がまたかつての鬼門で、ひどい時は元加治駅との間くらいまで渋滞が度々起きてたところです。

ここもさすがにバイパスができて、目に見えるほど交通量が減ってました。

一休みしてたどって見ます。ほとんどの区間で並行する道路があるので簡単にたどることができます。ちなみに予定地だったところは当然ながら私有地なので立ち入り禁止です。

f:id:MIKIMOTO7:20180607005358j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180607005316j:plain


見ると、確かに線路を敷設して架線を張れば完成という状態です。しかしこれは西武の謎の一つですが、ここに限らずこういう放棄された土地でも手放さないんですよ。だから何か野望があるんじゃないかと考えてしまいます。

f:id:MIKIMOTO7:20180607011803j:plain

歩いてみると確かに飯能経由よりはるかに短いのがわかります。

f:id:MIKIMOTO7:20180607011933j:plain

どこでも所有してる土地があると変電所を作ってあるような。

f:id:MIKIMOTO7:20180607011936j:plain

複線化に際して合流部の土地が使われてるというか、上下線が膨らんでる意味は?


合流地点まで行って見ると、意外や意外、飯能駅が遠かったのです。
今度はなるべく池袋線に沿って駅を目指します。

南側は新興住宅地ですが、線路を渡って北側に行くと路地が右に左に曲がったややこしい道。
ここまで旧市街地が続いているようです。

一番謎の土地は中が見えないくらいの高い壁に囲まれ、鉄の門が閉まってた一角。
マップえお見ても何も書いてない謎の土地。なんだろう?

しかも駅ビルの周りは再開発されていないのに驚き。広い100円パーキングがいくつもあり、島のように家や店が点在してるという。
町を歩いて思ったんですが、意外と飯能の街も旧市街地はカオスなのです。

f:id:MIKIMOTO7:20180607012659j:plain

おそらく駅ビルとバスターミナルは、機回しやヤードがあった関係で広い敷地があったので、自社所有の土地に作ったのではないかと。

その機回し線は、駅の奥にある消防署の敷地まであった記憶があるし、そういう記述がありました。
その跡は今、消防署の緊急車両出入り口になってるようです。

f:id:MIKIMOTO7:20180607012853j:plain

ここに機回し線の踏切があったという。


池袋や西武秩父から続いてる線路の終点を見届けて、帰路につきました。

 

 

飯能編はそんな感じです。読んでくれてありがとうございます。

京急大師線、一人電車クラブ(笑)

こんばんは。初めて地元西武の車両基地のイベントへ行きました。
ほとんどがKIDS連れの家族でしたが、お祭り的で一人でも充分楽しめました。

実家にいた時も近くでやってるんですが、土日は基本的に休めなかったので。


行こう行こうと思ってたら先に「タモリ倶楽部」で紹介されてしまった京急大師線
でも興味深かったし、訪問ポイントを教えてくれたのでかえってよかったかも。


…というわけで、京急大師線をコンプリートしに行ってきました。
土曜だったのか三崎口ゆきの快特クロスシートの乗り得車両が多かったです。

f:id:MIKIMOTO7:20180602235448j:plain

週末は観光客が多いから入る機会が多いのかな?
でも、やっぱロング車もあるし、どうなんでしょう。


京急川崎で地平の大師線に乗ったら、本線との渡り線って駅のすぐ先に高架と地平をつなぐ坂になってる線路がはっきりわかるでないの。
「秘密の」っていうから、本線の間とかから迂回するようにあると思いましたよ。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234617j:plain

京急川崎を出るとすぐに左に分岐して高架に登る線路が。


行き止まり線なので、まずは終点まで乗ってコンプリートしてから、途中下車を楽しむといういつもの方法で。
本線列車とちがってのんびり郊外電車のムードです。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234620j:plain


空港線は空港特快だと、本線並みに加減速を繰り返して飛ばしますから違いますね。
駅間が短いので、途中面白そうだったら歩けるなとかチェック。


もちろん「六郷橋駅跡」も地図と車窓で確認。産業道路から暫定的に単線区間があったとは。
終点の小島新田駅の先に、もしかしたら日本一小さいセブンイレブンじゃないのってお店があるのは結構発見。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234638j:plain

看板はセブンだけど24時間じゃなさそうだけど、タクシーがいっぱいいるからどうなんだろ?

あと、東海道貨物線大井埠頭からのトンネル出口があるところ。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234623j:plain

地図を見ると東海道貨物線でした。

f:id:MIKIMOTO7:20180603000139j:plain

浮島からの支線が合流したり結構大きな貨物駅っぽいですが...。


歩いて行くと浮島へ行く道の脇にある非電化単線が。

そういえば、この道をバイクで走った時にあったなあって思い出しました。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234709j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180603000427j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180603000500j:plain

かなり距離があるので追うのは断念しました。


一回りをして見ましたが、完全な工業地帯だなあと。

f:id:MIKIMOTO7:20180602235339j:plain

使われてるかわからない古い工場らしきものがあったり。


土曜だったのでほとんどが休みでしまってて静かでした。

一方、駅の方は住宅が増えている最中っぽいです。

f:id:MIKIMOTO7:20180603000810j:plain

大師線沿いは宅地化が進んでるようです。


ローソンで飲み物を買って近くの公園で一休み。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234630j:plain

誰もいなかったです。


駅に戻ってゆっくり折り返そうかと思ったら電車が駅にいなかったので、次の産業道路まで1キロ少しだったし、線路沿いに道があったので散歩を兼ねて徒歩移動。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234633j:plain

駅のそばの建物。中はどうなってるんだ?

そういえば大師線のスタンプ帳持ってこなかったし、駅にもないからもったいないいことしたなあと。
でも歩いて行ったおかげで、産業道路の平面交差をじっくり見ることができました。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234703j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180603001757j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180603001812j:plain

構内踏切という点でもレアなんですが。


次はやっぱり大師線に来たからには「川崎大師」に寄ろうと途中下車。
さすがに駅の表示が目立つし、駅前が広い。

f:id:MIKIMOTO7:20180602235021j:plain

行きは表の参道を歩きましたが、意外と遠いんですね。
でも寺はさすがメジャーだけあって大きくて立派。

f:id:MIKIMOTO7:20180602235014j:plain

すぐ隣に高層マンションがあるんです。

オフシーズンだけあって境内は空いててゆっくり見て回れました。
でも隣に高層マンションがあったりするのはやはり都会なんですね。


次は例の六郷橋駅跡最寄りの「港町」。ここってタワマンが林立してるだけあってどっと乗ってきました。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234719j:plain

大師線の中の駅では一番立派では。



私は地図を頼りに多摩川の方へ。

ちょうど歩道が線路をまたぐところからはっきり痕跡が見えました。
大きな金網もないので写真も撮りやすかったです。ここまで至近距離で見ることができるところは珍しいのではと。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234655j:plain

駅跡に差し掛かる電車。

f:id:MIKIMOTO7:20180602234646j:plain

TVで見たようにはっきり痕跡がわかります。


堤防に上がるとここも雄大な景色が致されます。
釣りをしてる人もいて、ぼーっとしてるにはいいところだなあと。

f:id:MIKIMOTO7:20180602235333j:plain

こういう景色を見ると癒されます。

 

風に当たってしばらく休憩をしてから駅に戻って、電車に乗るとすぐ京急川崎
そういえば歴代車両のラッピング電車って終わったのかな?

連絡通路を上がるとすぐに品川行き快特がきたのであっさりと品川まで戻理ました。この列車はロングでした。やっぱ運次第っぽい感じ。


あと京急逗子線と本線の浦賀まででコンプリート。
ただ乗りに行くだけはもったいないから「三崎のマグロ切符」とか使いたいけど一人じゃねえ…。


あと浦賀のR16が消滅する地点や観音崎まで行こうとすると、徒歩は困難だから楽しめる方法はないかな。

 

このあと番外編がありますが、とりあえずそんな感じです。

f:id:MIKIMOTO7:20180602235158j:plain

都心一気突き抜けをやってみました。