基本は日帰り・ご近所さんへの旅鉄訪問記

本家ブログ「どこへいけば苦しみを愛せる」の鉄分ブログ。日帰り旅鉄の薄口訪問記。

市ヶ谷DNP「アニメと鉄道展」

こんばんは。今日は天気が悪くなるというので傘を持って散歩に出たんですが、思いっきり外れて邪魔な荷物になってしまいました。

探報したいところは回ったのに、確かめたいとこも行ったんですが、「ひき時」を見極めないとダメですね。

 

「旅と鉄道」誌が増刊で出した「アニメと鉄道」みましたが、最近の作品はロケをちゃんとしてるのか舞台になってる街や鉄道の描写が、リアルでそういう面でも楽しめます。


地元西武鉄道秩父や飯能を舞台にした作品で、観光キャンペーンをやってますし。
多分「らきすた」あたりからではないでしょうか。

鷺ノ宮に住んでいたのでよく聞かれました。
らきすた」のは埼玉の東鷲宮で中野の鷺ノ宮じゃないよって。


そういうこともあって、実写ではあった「ロケ地探報」が聖地巡礼というアニメの楽しみ方の一つになったのでしょう。

 

その「アニメと鉄道」のイベントがあるというので見に行ってきました。


場所は中央線市ヶ谷のDNP東京アニメセンターです。

f:id:MIKIMOTO7:20180812231225j:plain

市ヶ谷駅を出て外堀方面に10分くらいです。
結構目立つのですぐにわかると思います。1Fに無料展示もありますが、イベントは特別展示になるので入場料1000円かかります。

f:id:MIKIMOTO7:20180812231215j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180812231154j:plain

展示で一番目を引いたのは、連休に乗った伊豆箱根のラブライブ列車と、西武が自社オリジナルの30分ネット配信で出した「ちちぶでぶちち」でしょうか。

f:id:MIKIMOTO7:20180812231258j:plain

他にも話題のラブライブなど。

f:id:MIKIMOTO7:20180812231316j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180812231221j:plain

「鉄」的に興味深かったのは、KATOのジオラマ

f:id:MIKIMOTO7:20180812231319j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180812231150j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180812231145j:plain


それと尾久車両センター所属の列車のヘッドマークでしょうか。

f:id:MIKIMOTO7:20180812231254j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180812231238j:plain

 

特に後者は現存してるものはオリジナルの本物を展示してありました。
レプリカとの違いは一目見てわかります。

いくら展示のために綺麗にしても、風雨や雪に耐えて走り続けたキズやサビに感動することうけあいだと思います。
あと、サイドの方向幕がよかったです。

f:id:MIKIMOTO7:20180812231235j:plain

作品的にもっと入れて欲しかったところですが。

特に、往年の上野駅寝台特急あけぼの3号の描写が素晴らしかった、「おもひでぽろぽろ」がなかったのが残念でした。

ジブリが貸してくれなかったんでしょうか。


イベント限定のラテアートで頼んだ「ゆうづる」の完成度は飲んでしまうのがもったいなかったです。

f:id:MIKIMOTO7:20180812231232j:plain

リアル鉄イベントじゃないけど、こういうイベントも楽しめますね。
今月の19日までなので興味を持った方はぜひ。

案内HP=https://animecenter.jp/plan/10_animesandtrains.html

 

穴場的魅力が多い、実は宿場町だった「吾野」

こんにちは。台風が近づいてますが動きがノロノロなせいで天候不順がどんどんずれ込んで参ってます。
今夜あたりから荒れるらしいですが。明日の出勤が心配です。


少し間が開いてしまいましたが、前回のプチ旅行の続きです。
西吾野」で秘境駅テイストを味わって、1駅戻った「吾野駅」に降り立ちました。

f:id:MIKIMOTO7:20180808161921j:plain

よく飯能から先が秩父線と書かれてますが、列車系統は特急以外飯能で分かれているのでそう思われるのでしょうけど、正しくはここ、吾野池袋線の終点、秩父線の起点です。

これは建設歴史上の関係なのはご存知のとおりです。


ここに寄りたかったのは、石灰石の積み出し施設の跡と土砂崩れの現場がどうなっているのか見たかったのでした。
広い敷地と、奥にあるホッパーが完全な形で残っているのは素晴らしいです。

f:id:MIKIMOTO7:20180808161938j:plain

今も現役のような感じさえさせます。

この大規模な施設がかつての石灰石輸送全盛期を思い出させます。
今もすぐそばに石灰石やセメント工場がありダンプカーが時折出入りしてます。

ここの石灰の積み出しのために飯能〜吾野間が延長されたのでした。
そのために町らしい町ができていたのだろうと思っていました。

そのように「吾野」といえば、石灰石鉱山と顔振峠へのハイキングの拠点ってイメージでした。

f:id:MIKIMOTO7:20180808161920j:plain

休日はハイキングで賑わう駅前も、平日の夕方なので売店も閉まってて静かでした。


ところが、最近見たあるブログで吾野秩父街道の宿場町だったとあったので、調べてみると飯能の観光案内にも紹介してありました。そんなことはまったく知らなかったので驚きです。

なぜかというと、ここを通るR299は高麗川を挟んだ街の外側のバイパスがメインになりましたが、それがなかった時は街中を通る道だけでした。

その頃から秩父方面へツーリングで何度となく通過してましたが、今、街中に建ってるような表示一つありませんでした。
「へえ〜」です。

f:id:MIKIMOTO7:20180808162102j:plain


その理由は調べるとわかりました。

今のR299に沿ったルートが秩父と江戸を最短距離で結ぶ街道で、道自体は平安時代鎌倉時代に開かれ、江戸時代になると秩父や飯能との行き来に機能してたとか。その街道には所沢、飯能、吾野に宿場があったとのこと。

で、この街並みが平成23年に埼玉県景観モデル地区に指定されたようです。
おそらく案内表示などはその頃から建てられたのでしょう。


その頃にはバイクに乗っておらず、ここを通ることがなくなったので知らなかったのは当然です。
西武鉄道の方も川越と秩父の売り出しで、ここには手をつけてないようで。


駅を出て線路沿いに歩くと大きなお寺がありましたが、目的はホッパーを見ることだったのでさらに線路沿いを歩くと踏切があり「吾野湧水」とあったので、施設を見てから見に行くとなだからな山肌に墓地がありそのそばに湧水がありました。

f:id:MIKIMOTO7:20180808161956j:plain

墓地になってるなだらかな傾斜のところは、かつて土砂崩れがあった場所でしょうか。
湧水は「飲用不可」ではありませんでしたが、「飲んでもいいけど自己責任」のようなことが書いてありました。


戻ってR299に出ると懐かしい景色です。よく走りましたから。
吾野宿」の表示があったので家並みのある街の中心へ。

f:id:MIKIMOTO7:20180808161958j:plain

国道に下りると「吾野宿」の表示が。

宿場町と言われればそうかなあという感じの家並みを眺めつつ歩きました。
古い家屋や廃墟が興味深いです。路地に入ると廃集落同然のエリアも。

f:id:MIKIMOTO7:20180808162122j:plain

写真館か貸衣装屋だったのでしょうか?

f:id:MIKIMOTO7:20180808162127j:plain

ほとんど人がこないこの場所のウィンドーの中で、何を思ってるのだろうか。

f:id:MIKIMOTO7:20180808162017j:plain

懐かしい景色と同時に、言われれば街並みがそうかなあと。

f:id:MIKIMOTO7:20180808162042j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180808162041j:plain

並行して流れる高麗川はここもキレイで、自然たっぷり。

f:id:MIKIMOTO7:20180808161942j:plain

この辺りも、水がキレイで川遊びにいい場所です。

そんなに長い距離ではないので、街並みや路地を覗きながら歩いていくとバイパスとの分岐点に出ました。

いつの間にか飯能方面は国道にトンネルができてました。
旧道へ行くと完全改良された国道の中で唯一以前の狭いままになってる、西武線のガードが。

f:id:MIKIMOTO7:20180808161902j:plain

道路の拡張は、橋梁の架け替えを伴うので見送られたのでしょう。

この先にも集落がありますが、こちらは比較的新しく開かれたようでした。

ここから顔振峠に向かう県道とは思えない狭い道は、途中で消滅して登山道で峠を越える「剣道」です。

f:id:MIKIMOTO7:20180808162019j:plain

白岩の廃村がある名栗秩父線が有名ですが、顔振峠を越えるこの道も登山道剣道なのです。

こうして歩いてみるとハイキングや川遊びだけでなく、歴史好きから道路・鉄道、廃墟マニアとレンジの広い、その人なりに楽しめる場所でした。


都内から1時間半、ちょっとした穴場的な場所かもしれません。

しかも西武線の電車はこんな山間部にもかかわらず、23時台まであるという「夜汽車」の味も味わえるサプライズなところです。


ふたたび駅まで戻り東飯能八高線に乗り換えると帰宅の高校生がたくさん。拝島からまっすぐ帰れるので意外と帰りやすかったです。

f:id:MIKIMOTO7:20180808163754j:plain

東飯能から拝島までショートカットに使えます。

 

今回も読んでいただきありがとうございます。

 

西武線一の秘境駅といえば「西吾野」でしょう

こんばんは。すっかり夏休みですが、連日の炎天下では町歩きができなくて夕方に近場をメインに周っています。

今は学校が夏休みなので平日も休日もないと思われます。なので、どうしても平日のうちに行っておきたかった、「西武線一の秘境駅」といわれる「西吾野」に、休みが始まる前の午後が休みの日に行ってきました。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003439j:plain

お昼を食べて早速出発しました。

地元西武線は、ユーザーの方ならおわかりですが、飯能から先は飯田線を彷彿させる山岳路線になります。だけどJRの基準では無人駅になるような駅でも駅員がいるんです。

なので「秘境駅」として認められる駅がないんですが実態は大して変わらない駅がいくつかあり、その中でも駅の周りの何もなさっぷりでみると、西武線一番の秘境駅では思われているのが西吾野駅です。


各停しか停まらない山の中の駅。
なので飯能まで特急で行き、各停に乗り換えて行きました。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003333j:plain

乗るたびに思いますが、土日はどの駅もハイキングの拠点駅になるし、意外と飯能ー横瀬西武秩父の流動ってあるんですよね。
とはいえ、途中駅の乗降は少ないので、平日に無理して出かけたんですが。


この時も降りたのは私ともう一人だけ。
ちなみに乗降人員の少なさでは3位です。

さすがに平日の昼間はこんなもんでしょう。
駅前は、広場がありますがあとは何もありません。

 

駅は建て替えたのかキレイで明るいですが、待合室がないのが難点かも。ちなみに改札は簡易型のPasmoをタッチするタイプです。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003234j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180803003312j:plain

 この「何もなさ」がいいんです。
駅は高いところにあるのでそこから約150mくらいの急坂を下ります。
下りたってことは帰りは上るわけですね。しんどそう。

坂の途中に営業してるのかはっきりしない商店がある以外は、坂を下りたあたりから集落になってて道なりに歩いていくとR299に出ます。都内から1時間半とは思えない山間部の景色です。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003416j:plain

営業してるのかわからない店が1軒のみ。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003253j:plain

バイクの時は通過するだけのところなので、こんなところに出るとは気づきませんでした。

実は国道の方はバイクで何十回と走ってるところですが、基本的に西武線自体が道路より高いところを走っています。
この駅も国道から外れた山の中腹にあり、歩いてみると見えなかった景色が見ることができるので新鮮です。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003623j:plain

店はありませんでしたが、スタンドがあり「最終」の文字が。この先山を降りたところまでGSがマジでないのです。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003319j:plain

正丸方面最終GS。

芦ヶ久保」に道の駅があり、うどんが美味しいのでよく食べに行きましたがその当時は横瀬までありませんでした。

休日ともなればファミリーカーやツーリングのバイクが多数走っているR299ですが、平日はガラガラのダンプ街道です、


並行してる高麗川はとてもキレイで増水してない時は子供づれで川遊びをするのに丁度いい割と安全な川です。
暑い日だったので地元の親子が遊んでいたので挨拶をして少し雑談。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003308j:plain

近所らしい親子で川遊びをしてました。一応カット。

どこでも挨拶だけは顔を上げて返さないと不審者扱いされてしまいますから。


まあ、見事に何もない、特徴は自然たっぷりというある意味ステキなとこでした。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003250j:plain

 

再び電車に乗り1つ前の知ってびっくりの吾野へ移動。
上り坂がやっぱりキツかったです。

f:id:MIKIMOTO7:20180803003650j:plain

いつのまにこんな表示が?

このルートが古い街道で、吾野が宿場町なんて知らなかったです。地図にも旧跡で載ってないので、これから売り出すのでしょうか?

 

 

今回も読んでくださってありがとうございます。

発見のミニトリップ・西武豊島園線

こんばんは、台風で予定がぐしゃぐしゃになってしまいましたが、かねてから行きたかった清里にはその前に行っておいてよかったです。シリーズにして本館の方に簡単にまとめてUPしてまりますのでよかったら。


ふと、そういえば豊島園に行ったのっていつだったかなと考えてみたんです。
練馬駅が高架になる前に行った記憶があるけど、それ以来ないんです。

高架になってからは行ってないし、大泉に住んだ時にもないので20年以上前か…。
そういえば大江戸線の開通と練馬駅の高架化で有楽町線ができる話があった頃、練馬ー豊島園間は競合するから廃止になるかもという噂が周りでありました。

結局は地上へ降りる今の形になりましたが。

 

スマホを新しくした時に地形図アプリを入れたらこれが役に立つし、面白いです。
路線図や普通の地図で曲線が続いてるところなどを見てみると、地形の関係なんだとかわかったり。発見が面白いです。


それで見た時、豊島園駅近くの「向山庭園」という庭園のあたりが窪地になっており、豊島園自体が平地になっているのでこれは興味深いというわけで、休日に行ってみました。近いし。


練馬駅から乗車しようと豊島園行きを待ってると、やってきたのは運よく「ぐでたま電車」。
それまで走っているのは見たりしたけど、乗車は初めて。ラッキーです。

f:id:MIKIMOTO7:20180730012612j:plain

しかもガラガラなので内装までしっかり観察することができました。
やっぱ、このようなゆるゆる感だと朝ラッシュの殺気立った雰囲気もなくなりそうに思いますね。もっと増えないかな。

f:id:MIKIMOTO7:20180730012608j:plain


練馬駅を出るとゆっくり地平に降りて、加速する間もなく豊島園へ到着。
2分くらいのミニトリップでした。

ホームは突端式2線ですが、8両対応の方を主に使われてるようで反対側のホームは屋根も短くあまり使われてない様子。
かつては練馬との区間運転があったので、その頃の4両対応の名残かもしれません。

f:id:MIKIMOTO7:20180730012749j:plain

駅自体は新しく放ってるものの、記憶にあるのとほとんど同じでした。
駅を出るとすぐに遊園地の入り口というロケーションのよさも変わってません。

キロポストがちょうど1キロ。ホームの後ろに立つと練馬の高架が見える近さです。

さすがに「ぐでたま電車」はKIDSに人気があるようで、「わー、ぐでたまだ」と喜ばれていましたし、フォトスポットがあるのはさすが遊園地の駅です。

f:id:MIKIMOTO7:20180730012646j:plain

駅を出ると、隣に「ユナイテッド・シネマ」ができた以外はあまり変わってない感じ。
ちなみに大江戸線の駅は、道路に出たところです。

f:id:MIKIMOTO7:20180730012633j:plain


休日ということもあり、上りの池袋行きはそれなりに帰りのお客さんが乗っていたので、路線の存在意義はそれなりにあるようです。

映画館と反対側は住宅街で路地に入ったところに、小さな区立向山庭園がありました。
地形図どおり、その辺りが窪地になっているのが道路があるのではっきりわかります。

f:id:MIKIMOTO7:20180730012724j:plain

道が見事にV字になっており、一番低いところが庭園の入り口です。

小さいながらお休憩室や貸し室があり、窪地は庭園になってます。
湧き水ではありませんが水が流れる庭園です。

f:id:MIKIMOTO7:20180730012728j:plain

循環なのか水が流れる涼しげな庭園です。

f:id:MIKIMOTO7:20180730013628j:plain

地形的に池が谷底のようになっており、かつては湧水があり、窪地が川になっていたのを豊島園を造成した時に平らにした可能性がありそうです。


路地裏歩きの続きもありますが、思ったより長くなってしまったので今日はここまで。

f:id:MIKIMOTO7:20180730012705j:plain

 


読んでいただきありがとうございます。

 

流鉄・東京に一番近い昭和なローカル民鉄

こんばんは。西武の101系が走る流鉄、私にとっては総武流山電鉄ですが。が、昭和レトロで素晴らしいということで乗りに行きました。5月に訪問したんですが、帰りの浦和巡りの方しかブログ化されてませんでした。


「東京に一番近いローカル線」とうたってますうが、実際行ってみるとどうしてどうして結構な住宅地です。
以前、武蔵野線が通ってて、そこにつくばエクスプレスが開通すると並行して走ってる同線の存在が中途半端になるので廃止の噂が出たことがありました。

実際に乗ってみるとそれなりに機能してるどころか、沿線の開発が進んでて伸び代がある路線ではないかと思いました。しかし、都心直結のつくばエクスプレスの存在が影を落としてるようです。

そんな流鉄の始発は馬橋駅。そういえば常磐線に乗って千葉方面に行くのも、何年振りでしょうか。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222840j:plain

馬橋より次の新松戸の方が賑やかです。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222850j:plain

そういえば常磐線って寝台特急でしか乗ったことなかったんだ。


常磐線の電車を降りて跨線橋を端まで歩いて行くと、小さな専用ホームがあります。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222856j:plain

この雰囲気の違いがまたいいんです。

これが、秩父鉄道と同等かそれ以上に「昭和」な空間でした。
木造の社屋とホームに券売機。実は流鉄、PasmoなどのICカードが使えません。

さすがに券売機はタッチパネル式でしたが、私は窓口で500円の1日乗車券を購入。
ちょうど往復するのと同じくらいですから途中下車すればお得です。おまけにオリジナルのバッジがついてきました。

f:id:MIKIMOTO7:20180725224149j:plain


木造のホームと時刻表、時計が「昭和」を感じます。


写真をご覧になればわかると思いますが、電車の本数はそれなりにありますので気軽に途中下車ができそうです。

f:id:MIKIMOTO7:20180725224248j:plain

ホームやパーツ一つ一つに「昭和」を感じます。

やってきた電車は緑のでした。車体はともかく、内装は西武時代とほとんど変わらないので懐かしい人に再会した気分でした。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222906j:plain

定刻にパラパラとお客を乗せて発車。しばらく常磐線と並行した後路地裏のようなところを走ります。

次がいきなりビューポイントの「幸谷駅」。
例によって路地裏のようなところですが、JR新松戸駅のそば。駅から細い裏道のようなところを歩くと広くて賑やかな駅前広場に出ます。この駅の方が乗り換えには便利です。

それだけではありません。この駅のGreatなところはマンションの1階にあるところです。
つまり、この駅のマンションは駅から徒歩0分、常磐線武蔵野線の駅まで5分かからない好物件なのです。

f:id:MIKIMOTO7:20180725224527j:plain

2階から上は住宅。踏切を渡ってビルの横を抜けると「新松戸駅」の好立地。


なかなか手強い流鉄です。


ここを出ると住宅地の中をずっと走りますが、家が途切れることがなく続いてます。
雰囲気的に西武多摩川線っぽい感じです。結構揺れますが全然田舎じゃないです。

そういいますが警報機も遮断機もない4種踏切があるとこは、やっぱローカル民鉄だなあと。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222812j:plain

危険なので絶滅危惧種になってる第4種踏切が。

特に目立つ車窓もない郊外の開発中の住宅地って感じであっという間に終点の流山。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222948j:plain

駅のそばには新しいマンションが。

駅のそばにマンションがあったり、鉄道は昭和だけど沿線は平成って感じです。
流山駅の構内奥に車両基地があります。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222951j:plain

ここの駅舎は「関東の駅100選」に選定されています。なるほど、いい味出します。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222901j:plain

ローカル色豊かな駅舎ですが、中も負けてません。

また、アニメ化もされた「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた」の舞台で、キャラの女の子が案内してる観光マップをもらって町巡りを。

…と出かけましたが、訪れたのが月曜のためお店は軒並み休みでした、
また、駅前から廃線跡と書いてある独特のRを持った曲線の道をたどると、キッコーマンの工場に空き当たりました。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222857j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180725222931j:plain

このカーブが鉄道を感じます。

f:id:MIKIMOTO7:20180725225309j:plain


説明板あって万上線というキッコーマンの工場内への引き込み線跡だそうです。
とりあえずキッコーマンの工場の玄関に行ってみましたが、当然入れません(当たり前だ)。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222933j:plain

キッコーマン、流山工場。当然ながら立ち入り禁止の表示が。

とりあえずグルメには興味はないので適当に町歩き。渋い建物から珍スポット、井戸もあったりと飽きません。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222816j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20180725222924j:plain

江戸川の堤防まで出て一休み。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222843j:plain

ここの江戸川の流れが速くてびっくりです。

f:id:MIKIMOTO7:20180725222820j:plain

街を一回りして駅間が1キロちょいくらいなので、行きつ戻りつをしながら幸谷まで戻って、武蔵野線の新松戸から戻りました。


ぶらりと乗りにくるには味のあるいい路線です。グッズもいっぱい出してるし。
しかし、沿線がどんどん宅地化されてるのに都心直通の「TX」にかなり乗客を食われているのがもったいないです。


余談ですが、家から馬橋まで結構かかったのに、よくみんなもっと遠い柏までライブを見に行くなあ。

 

今回も読んでいただきありがとうございます。