基本は日帰り・ご近所さんへの旅鉄訪問記

確認より発見が目標の日帰り旅鉄薄口日記

四季の道と13系統の専用軌道廃線跡

こんにちは。以前、江東区の城東電気軌道と砂町線の跡を記事にしました。
思いっきり誤字をやらかしてトホホでしたけど、ボリュームのある歩鉄でした。


先に川崎市電とトロリーバスの残存車両を記事にしてしまいましたが、その前に都電の保存車両を見て回った後に歩いた専用軌道跡です。
東京近辺に住んでいる方ならご存知だと思う、新宿の「四季の道」です。


新宿区役所のある通りの交差点から、斜めに入って行く緑道があります。
ビルの裏側、ゴールデン街に向かう「四季の道」。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161452j:plain

 


ここは有名ですが、この緑道は「旧大久保車庫」に向かう都電の廃線跡です。
元々は東新宿方面に向かう路線でしたが、付け替えによって今の「区役所通り」のあたりを走るようになり、回送線として使われてたとのこと。


新宿駅からの軌道は大ガードの近くとか諸説ありますが、交差点の延長線上のビルの間の道という説も。
緑道を歩いてみると、両隣の建物や店のほとんどが背中になっています。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161516j:plain

 


こういう風景の道は廃線跡と暗渠以外ないので、鉄道跡独特のカーブのRと共に残る痕跡と言えるでしょう。

何度も歩いているくせに、てっきりゴールデン街の裏側だと思っていたので入り口があるとは気づきませんでした。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161414j:plain


お酒が飲めないので行ったことなかったので、ついでに一回り。
街探索をするようになるまで、こういう飲屋街とは無縁だったので。


こじんまりでいながらディープな雰囲気の飲み屋が軒を連ねています。
さすが、「濃い人が集まる、濃い場所」です。

昼間の営業時間外の飲屋街は独特の雰囲気があると思います。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161525j:plain

 四季の道に戻って道なりに行くと、やがて開けた「テルマー湯」のところで表側の通りと合流。
多くの人が、この先からは鉄道の痕跡がなくなると終わりにしてしまってます。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161654j:plain

しかし、はっきりとした形ではありませんがあるのです。
例えば、緑道の終わったとこにある交差点。車道が左側をカーブしていますが、広い歩行者用スペースがある扇型の道。

いかにも分岐点っぽいと思います。


そこを直進すると明治通りとの交差点です。
廃線跡は直進ですが、痕跡がないような気がしますが、一方通行の道なのに無駄に広い歩道が不自然。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161529j:plain

 


この道を地図で見ると、区画整理がされてる中でこの道だけがカーブを描いて斜めに東新宿に抜けてます。
これも、鉄道跡か河川を暗渠化し道路化した可能性大です。

ここの場合、この先にある「新宿文化センター」の敷地が、旧大久保車庫の跡地ということなので廃線跡と推測できます。
その両方向の道路にしてもいい敷地の一方通行路は、その施設のところまで続きます。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161520j:plain

 


大きな「新宿文化センター」を見ると現存の荒川車庫くらいの敷地があったと思われます
広い歩道はそのすぐ先の交差点で終わり、1車線幅の道路と人が歩くくらいの歩道の道に変わります。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161650j:plain

 


この都電の路線は東新宿をショートカットしてますが、今の都営大江戸線の経路と重なってます。


狭い一方通行の道はマンションや住宅の間を縫うような路地になって進みます。
興味深いのはゆるいRのカーブもありますが、線路だった部分は築堤になっていたようです。

車道の部分が高くなっているのが不自然でありそれを物語っていると思います。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161459j:plain

道なりに進むと、職安通りだった道と東新宿の先に当たる場所で合流します。
そこからは併用軌道で飯田橋方面に向かっていたと思われます。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161630j:plain

左に分岐してる道です。


つまり、この通り沿いは都電廃止後、大江戸線が開通するまでは都バスのみの「地下鉄空白地帯」なのでした。
東新宿などが、新宿らしくないのはそのためだったのでしょうか。


しかし、線路跡の道は旧大久保車庫からはずっと上り勾配で、この合流部分を始めかなりキツイアップダウンが。
不忍通りもそうですが、都電の電車が当たり前に走っていたのが不思議です。

坂道に強かったのでしょうか。


散策はここで終了。
1年前に気になって歩いたら景色が素晴らしかった、階段の坂道「梯子坂」を通って東新宿に。

f:id:MIKIMOTO7:20190916161625j:plain

 

 

大江戸線が開通して便利になったせいか、新宿らしくない「都市の狭間」のようだったここも都市化。近代化が進んでいました。
これからもどんどん変わって行くのでしょう。

f:id:MIKIMOTO7:20190916163616j:plain

 

 

都電に詳しいサイトはグーグルさんで探せばいっぱい出てきます。

 


今回も読んでいただきありがとうございます。



軽井沢駅から碓氷峠に行ってみた

こんにちは、多忙とトラブルにより更新が滞ってしまいました。
って、毎回書いてますね。時間は作ったんですよ。仕事と趣味用に。

ところが、契約してひと月以上も放置プレイなんて、失礼だと思いません?
今、そういうことやったら晒し者になる世の中なのに。

こういう社会常識が未だに通用しない介護業界。待遇上げろと行っても、こういう民度の低さをなくさなきゃダメだって投稿し続けてるのに。こんなところならいいやって感じだけど、お金が入ることを前提に旅行の計画や実行をしてるので困った。

 

愚痴っぽい前置きになりましたが、前回の続き。ついに清里旅行も最終回。
上田の別所温泉によく行ってたのに、実は小諸ー軽井沢間って未乗だったんです。

新幹線ができちゃったから。
その区間の初乗り。信州の山の中的な車窓を楽しんで軽井沢へ。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134026j:plain


すっかり新しくなった軽井沢駅ですが、しなの鉄道信越本線時代の長いホームの長野寄りに発着してます。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134050j:plain

旧ホームは信越本線時代の面影が残っています。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134035j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190908134031j:plain

往年の機関車も展示してあります。


高崎側は廃線のように放置されていました。レールも残ってて、往年の姿そのままの遺構となっています。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134023j:plain

 


洋館のデザインだった旧軽井沢駅舎は記念館になって保存されていますが、その前に交番を建てるなんて何を考えてるんだって。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134113j:plain

正面から写真が撮れません。っていうか隠れちゃってます。

 


今回軽井沢まできたのは碓氷峠を電車で下れないから、新幹線で帰ることもありましたが、もう一つ目的が。
横川の鉄道文化むらからアプトの道を歩いて、さらに軽井沢まで行こうとすると、なんと、

5〜6時間。

これを歩いてしまうツワモノがいますが、あの国道は歩くものじゃないと思います。
あのR18旧道は首都圏近辺じゃ走りがいのある道の一つ。


しかも赤城や榛名、いろは坂を超える距離と難易度の道です。
何がすごいってお兄さん、勾配自体は極端にキツくはないんですが2車線といえど道が狭いです。

センターラインを割らないように走らないと、対向車と熱いキスで大破のリスクが。
でも本当の難易度の高さはカーブの多さ。最後のカーブが184だって。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134120j:plain

走っててもう許してって気分になります。
しかもそのRが小さい細かいカーブだから左右に切り返しの連続。まっすぐ走らせてくれませんし、ペースが上がらないので実際よりも長く感じました。


そんな難路ですから、南側に広いバイパスが作られてほとんどの車は走りやすいそっちを通っています。


それでも旧道はしっかりR18。私は観光地化する前に眼鏡橋や新線のあとが見たくて2回走りました。
嫌になるほどの走りにくさにもう通りたくないです。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134123j:plain

 


その碓氷峠、難所と言われてますが普通の峠のように登って下るのではなく、
自然の不思議で他のルートも含めて長野県側が台地状で標高が高い片登りの峠なんです。


実は軽井沢からだと緩い登りで2キロくらい。
軽井沢側は歩いて行けちゃう距離なんです。


横川から歩いて登ったツワモノの記事は結構ありましたが、軽井沢からのは見当たりません。
横軽の旧線は軽井沢まで残ってるようですから、見てみようと。


駅のとこはグレーゾーンを歩いて行くことになりますが、駐車場だから問題ないでしょうと。
車止めのとこから元構内を歩きます。架線柱だけは残っている不思議な景色。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134056j:plain

 


駐車場の隅から先を見ると、レールと架線注がしっかり残っています。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134028j:plain



線路に完全に沿った道はないので国道を歩いて、線路跡に行けるところだけ行ってみました。APAホテルのあたりから先は住宅地になります。


扉のある管理用の踏切が。モジャモジャになった警報機が残ってたので、元からあった踏切でしょう。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134100j:plain


さらに歩くと住宅地が終わって山に入ります。

登り坂になったところで。碓氷峠のトンネルに向かう新旧の線路が。

f:id:MIKIMOTO7:20190908135538j:plain

奥が新幹線、手前が旧線です。


2つの線路をまたぐところがトンネルの入り口のようで。

旧線はしっかり架線が貼られていて、今も生きてるように見えます。
そこからさらに軽い登り坂を歩いた、石碑と県境標識があるとこが碓氷峠

f:id:MIKIMOTO7:20190908134053j:plain

国道がまたぐところがトンネルの入り口だったようです。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134146j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190908134111j:plain

はっきり言って展望がいいとか、見どころがあるとか
そんな派手さのないただの坂のてっぺんです。

でも横川から登ってくるのがあまりに厳しい道なので、ホッと一息つく場所になってます。


道は、峠を境に狭くなって急な坂とS字カーブを描いて下って行きます。

f:id:MIKIMOTO7:20190908142741j:plain

 


横川側と違って遺構がそのままの状態で残っているのが魅力ですが、
気軽に歩いて行ける場所なので、時間が空いたら散歩気分で訪ねられます。


歩いてきた道を戻って、軽井沢にきたら必ず寄る
「茜屋コーヒー店」でアイスコーヒーを。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134203j:plain

 

新幹線に乗れば1時間で上野でした。早いですね〜。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134149j:plain

もちろんお昼は「峠の釜飯」。

f:id:MIKIMOTO7:20190908134153j:plain



小海線編は今回で終わりです。今回も読んでいただきありがとうございます。

シンデレラになれない「乙女駅」と新幹線に見放された「小諸駅」

こんばんは。多忙の上、第1ブログが「短いお出かけ、長いブログ」になってしまいました。
もう夏も終わりそうだというのに、小海線遠足が完結しないとは。短期間で終わらせるつもりだったのに。


前回、野辺山高原に寄って千曲川に沿った信州のローカル線テイストの小海線を楽しみ、佐久平で宿泊。
やっぱ泊まりを入れた方がバタバタしないで済みます。


しかし、「佐久平」駅の周りのさびれっぷりでは、新幹線駅ベスト5に入るくらいとは。
なんたってコンビニがないから、飲み物はすべてホテル内の自販機頼り。

まあ、もともと畑だけの場所でしたから。
しかし、前回はすぐ新幹線に乗り換えだったので気づきませんでしたが、有人は新幹線駅の方だけで小海線無人駅だったとは。たまげました。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005040j:plain

小海線の方は改札も何もないとは。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005129j:plain

 

その小海線は小諸までですが、一度途中下車したいと思っていたのが終点近くの「乙女駅」。
名前に引かれてどんなところか興味があったのです。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005049j:plain

なんたって「乙女」ですから。
しなの鉄道」が並行してるけど、小海線だけの駅。

f:id:MIKIMOTO7:20190830011415j:plain

「縁起切符でも作れば売れそうな駅」ですが、駅名とは裏腹なホーム1面の仮乗降場みたいなあまりにも地味な駅です。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005045j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190830005022j:plain

せめてカラフルさでもあればインスタ映えさせて売り出せそうですが、オーバーパスの下。色気も何もない残念な駅です。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005042j:plain

年季ものの駅名看板。


小諸市の郊外で、乙女という地名はそれなりに由来はあるのですが。
「売り」になるのが乙女湖公園だけという。ちなみに駅から公園直行の道があります。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005015j:plain

今回は時間がないので公園まではいきませんでした。


趣味的な話題だと、オーバーパスになる前は踏切だったんじゃないかという痕跡でしょうか。
上の道の方に出ても郊外の畑地で特に目立つものもないんです。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005019j:plain

 


清里が流行ったときに、「乙女チック」な駅舎にして抱き合わせで売り出すチャンスだったと思います。
でも、離れ過ぎてますからねえ。


でも、名前が名前だからきっかけがあればブレイクする…かな?


乙女駅の周りを散歩して、1本後の列車で終点の小諸へ。

f:id:MIKIMOTO7:20190830011326j:plain



北陸新幹線が南の「佐久平」を通ったおかげで、小海線との接続駅で小諸城跡の懐古園などの観光地がある城下町なのに、地味な存在になった小諸。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005224j:plain

駅舎も信越本線のままかもしれません。


街としては中規模都市ですが、寄った感じ地盤沈下しかけている雰囲気。
しかも、しなの鉄道小海線はつながってないし。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005329j:plain

国鉄時代からそうでした。貨物列車が直通してるとか特殊事情がないと、同じ国鉄でも第三セクター化されたりして別会社になると渡り線をなくしたり、つながってたレールを切ったり。

なんなんでしょうね。切りたくなる制度でもあるんでしょうか?
直通列車を廃止するならまだしもレールを切ってしまったら、今後直通列車は設定できないし、バイパス線として機能させられないしいいことなんかないのに。

f:id:MIKIMOTO7:20190830011458j:plain

 

 

だから「ネットワークが崩壊してる」って言われると思います。

 

それはともかく、新幹線が乗り入れないおかげで大規模な再開発が行われず、駅舎や駅の雰囲気は信越本線の面影があるし、街も昭和の地方都市の雰囲気や北国街道の面影が見られます。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005243j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190830005220j:plain

今回は乗り換え時間の関係で駅の周りしか歩けませんでした。なかなか見栄えのする建物や路地がありました。
機会があれば町歩きをしたいところです。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005301j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190830005155j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190830005126j:plain



 

f:id:MIKIMOTO7:20190830005231j:plain

国道沿いにも味のある建物が。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005121j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190830005325j:plain

路地もいい味出してます。路地裏めぐりもいいです。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005133j:plain



街が国道沿いに広がってるのに対し、しなの鉄道は街の外を通る区間が街の外側が多いのです。そのため軽井沢に近づくにつれて高原テイストになるので、軽井沢〜長野間は在来線を使いたくなります。

 

今回も読んでいただきありがとうございます。

f:id:MIKIMOTO7:20190830005140j:plain

小諸が舞台のアニメもあったんですね。

 

野辺山高原。閉園したSLランドの跡を見る

こんにちは、お盆も休めずに仕事でした。電車が空いてて通勤は楽でしたが、連休中は車内が「夏休み」で溢れていました。
月曜からほぼ正常に戻ると思いますが、また痛勤になると思うとそれはそれでやだなあと。

毎回のように誤字、誤変換が後から見つかってすいません。
自動変換が微妙な字で誤変換する上に、画面校正が苦手なもので。より気をつけます。


今回は、清里を出て駅に降りるのが久方ぶりの野辺山高原です。


清里から1駅。よく前面展望動画が上がっている区間
JR最高地点の踏切まではずっと森の中の登り。


国道が新道に付け替える前のフォトスポットも、今や藪の中。
というか、今にも降り出しそうな空で八ヶ岳がまったく見えませんでした。

f:id:MIKIMOTO7:20190818171236j:plain

当然ないので拾い物。昔はこんな写真が撮れた場所が旧道にありました。

 

それでも最高地点には数人の観光客が。ここからはほぼフラットなのでローカル線にしては結構飛ばします。
野辺山駅は昔と変わってませんでした。

f:id:MIKIMOTO7:20190818171255j:plain

駅前に公園ができていてC56が静態保存されています。

f:id:MIKIMOTO7:20190818171156j:plain

ここで列車交換。乗ってきた観光客は降りてガラガラに。帰る人は反対の小淵沢方面に乗って行ってしまいます。


駅を出ると、かわらぬ広々とした景色に癒されます。
「北海道欠乏症」の時に、バイクで走れる道はあちこち走り回りました。

f:id:MIKIMOTO7:20190818171252j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190818172219j:plain

今回の目的は「野辺山SLランド」の跡を見に行くこと。
実は去年、清里から帰った時に閉園を知っていたく後悔をしたのでした。知ってれば1泊になっても計画に組み込んだのに。

場所は国道沿いということがわかっていました。
前を通った時、看板が出てましたし。その時は昔の西武山口線のような、家族連れターゲットのミニアトラクションだと思っていました。

他にも乗馬ができる牧場とかあるし。
ブログにする時に出てきたのを見て、閉園と本格的なナローゲージだと知って、寄りたかったと思ったのでした。


道は直線ですが、これがクセモノ。
以前荒川の堤防を歩いた時と同様、進んでいるのに景色は変わらないという精神的にタフな状態。

思ったより遠かったです。


行って見ると、踏切や線路はそのままというか放置状態ではないようでした。
管理棟を含めきちんと定期的に整備してる感じ。もちろん中には入れません。

f:id:MIKIMOTO7:20190818171322j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190818171405j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190818171331j:plain

ひととおり見て時間を見たら結構タイト。国道は最高地点の近くまで行くので、時間があったら寄ろうと思いましたがそんなこと言ってられない残り時間。

ショートカットすれば線路のあるところに出られるはずだからと、運に任せて左に入る道に。
運よくショートカットすることができました。


歩いて見て、地盤沈下はここまで及んでいるのを知りました。
とはいえ、もとより観光する場所じゃないと思いましたが。

f:id:MIKIMOTO7:20190818171203j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190818171200j:plain

なんとか駅に着いたら一服する時間があって一休み。
今日は佐久平までローカル線の旅。


小諸行きは観光客がみんな降りてガラガラ。ここで降りて帰るのも悪くないけど、小海線のメインは千曲川に沿った「信州のローカル線」だからもったいないなと思うのはわたしだけ?

f:id:MIKIMOTO7:20190818171248j:plain

特に次の「信濃川上」までは、高原の風景から千曲川上流の谷に急勾配で下って行く展開。

f:id:MIKIMOTO7:20190818171214j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190818171401j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190818171233j:plain

そして山中の集落とこれぞローカル線の駅と思う「信濃川上駅」と、見どころだと思うんですが。

f:id:MIKIMOTO7:20190818171407j:plain

以前のローカル線の駅はだいたいこんな風だったんです。この日はホテルを取ってある「佐久平」までののんびり旅でした。
 

 

今回も読んでいただきありがとうございます。

2019年の清里・野辺山...動き出した時間

こんばんは、都内は死んでしまうような暑さで熱中症対策をしても日中の散歩はしんどいです。
歩いていると頭がクラクラしだして危ないぞという感じ。

世間はお盆休みですが、連休に水辺散歩とライブ行ったくらいでずっと会社です。


こんな激アツになる前、週末になると雨になる7月の去年と同じ連休に再び清里に行ってきました。
実は八ヶ岳高原エリア、好きなんです。

今回は野辺山もまわりたかったので、1泊2日で余裕をもたせましたが…。


連休は例によって雨予報でしたが、標高1000m越えなので行ってみなければわからないでしょうと。
実際、降ってなかったし。曇りで今にも泣き出しそうな空なので、薄暗く写真の色が悪いです。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190725j:plain

清里までは去年と同じ行程。変わったのは「あずさ」がE353になったことでしょうか。
清里についての説明と前回の見解は去年の

mikimoto7.hatenablog.com

とかぶるのでそちらを。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190752j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190813190709j:plain

駅前はシャッター街だし、全然変わってないように見えました。しかし、手付かずだったメルヘン空き家に手が入りだしてました。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190821j:plain



ところどころで封鎖や解体が行なわれていました。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190906j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190813190916j:plain

幸いにして「MILK POT」はそのまま。しかし店の前の木が成長して名物のPOTが隠れてしまいました。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190849j:plain

店の中を覗くと1年前と変わらず。もしかしたら出入りがまったくないんじゃないかと思いました。

f:id:MIKIMOTO7:20190813191606j:plain

そして、再奥の清里を象徴して時計のあるタレントショップがあった廃墟広場。
そこは見えなくなっていて封鎖されたのかと思いましたが…。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190817j:plain

近づいてみると、なんとサバゲーショップに。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190552j:plain

見学可とあったので中に入ってみると、大方の建物はそのまま。広場のシンボル、時計は変わらず時を刻んでいました。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190603j:plain

階下になる部分は入れなくなってましたが、設備はそのままでサバゲー場に。
休憩所やショップもあって売ってる武器というか道具は結構充実してるよう。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190732j:plain

本格的スペースとして売り出してるようです。
これはなかなか面白いアイディアではないかと。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190636j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190813192036j:plain

ここを再利用するとなると、建物類は解体して整地して新しいものを建てなければなりませんが、サバゲー場ならそのまま解放するだけでいいのですから。

あんまりよく知りませんが、サバゲーといえば山の中でのゲリラ戦で戦うってイメージ。
ですが、ここなら市街地戦を楽しめるのではと。

上手くやれば「有効活用」ではと。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190559j:plain

お約束のように世界最強(?)の自衛官募集ポスターが。


ペンションがある裏側の奥に入って行ってみると、自然と同化してる廃墟が。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190700j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20190813190704j:plain

清里のような’80年代バブルの遺跡の廃墟は、廃村のように時間とともに朽ちていく「滅びの美学」を感じないのですが、森の中でひっそりと自然に飲み込まれていくところもあるのでした。


雨の後なので川の音が心地よかったり。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190630j:plain



ほんと、こうして街歩きをするとごくごく普通の高原の観光地って感じです。

 

天気がイマイチなので反対側には行かず、列車の時間の頃合いを見て、ここにきたらやはりここでしょうの「グラタン アミ」へ。 食事時間を過ぎていましたが、有名になったのか行列に。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190813j:plain

前回と変わらずクリーミーで濃厚な味、美味しゅうございました。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190839j:plain

 


次は降りるのは何十年ぶりだろうの野辺山へ一駅移動しました。

f:id:MIKIMOTO7:20190813190742j:plain

 

 

続きます☆


今回も読んでいただきありがとうございます。