基本は日帰り・ご近所さんへの旅鉄訪問記

確認より発見が目標の旅鉄と気まぐれ街歩き薄口日記の2本立てですよ〜

なつかしの列車シリーズ・函館本線、荷物46列車

f:id:MIKIMOTO7:20200328015255j:plain

こんばんは。世の中えらいことになって旅もままならなさそうになりそうです。
早く過ぎ去って欲しいと誰もが思ってるでしょう。


次のシリーズを何にしようか、未完の部分を出かけてからにしようかと悩み中。
前回の「高輪ゲートウェイ」が盛り上がってた割に不振でショボーンです。


次のトピックまで開きそうなので、つなぎの記事になってますが、「なつかしの列車」を。
今回は、函館本線、札幌ー函館の荷客混合夜行列車、46列車です。


北海道旅行ブームの頃ですから国鉄時代。
その頃は「荷物列車」という荷物車と郵便車で構成された列車がありました。

46列車は函館行き夜行ですが、郵便・荷物車に客車を2両つないだ、荷物列車に客車がついたような列車でした。
その頃は札幌から道内各地に、寝台車を連結した夜行急行列車が走ってた時代です。


函館行きは、夜行「すずらん」がありましたが、多客期の臨時列車でした。
なので、函館夜行は夜行普通列車の46列車だけでした。


先に書いたように北海道旅行ブームだったので、2両では超満員になるので客車を4両に増結し、その1両は座席を取り払って絨毯敷きの「カーペットカー」(なんと料金不要)を連結したりしてました。

客車は、急行が14系を使用してたのに対し、スハ43系の旧型客車。
このおかげもあって、まさに「夜汽車」のイメージにぴったりでした。


記憶をたどると、小樽まではED76、小樽からの非電化区間DD51が牽引してたと思います。
夏休みもあってボックス席は4人で満員。

倶知安までは各駅停車ですが、明かりがあるのは小樽までで、小樽を出て「山線」に入ると、真っ暗な中を車体を揺らしながらゆっくりと進んでいました。
倶知安を出ると森まで主要駅のみの停車。ですが、車内放送は一晩中ありました。


私はこの列車を利用するときは、旅の後半、帰りの列車の一本だったので疲れもあって窮屈なボックス席でも眠っていたので、深夜の区間の記憶がありません。

気がつくと、明るくなりかけた大沼あたりが多かったです。
旧型客車なので音もない朝の無人駅でした。


まどろんでいるうちに終点函館に。
確か5時過ぎだったと思います。

郵便・荷物車は切り離されて青函連絡船に乗せられ、東京方面に向かうのが多かったような。


朝の5時過ぎでは何もありませんので、
市電が動き出す6時過ぎまで待合室で居眠りしながら時間を潰して、谷地頭行きの市電に乗って終点の谷地頭に。

電停近くの「市営谷地頭温泉」で朝風呂というのが旅のパターンでした。


その後、荷物輸送はコンテナ貨物になり、荷物列車は全廃になると同時にこの列車も廃止されました。
つまり函館夜行はなくなってしまい夜行バスだけになったのです。


今、運送業界で運転手不足や長時間拘束をなくす方向になり、実験的ですが宅配便を旅客列車の空いてるところに乗せて運ぶ試みがされてます。

東海道のような幹線では専用列車やコンテナ輸送が行われてます。
列車単位ほどじゃないけど、長距離の輸送に旅客列車が使われ、「クモハニ」や『キハニ」が復活しないかなと夢見てしまいます。


夜行なので写真がなくてすいません。唯一の写真、函館駅についた46列車です。


今夜も読んでいただきありがとうございます。

ちょっと寄り道「高輪ゲートウェイ」

こんばんは。今回は親ブログとダブってしまいますが、タイムリーな話題なので記事にしました。
ちょうど次は何にしようと思っていたことだし。


14日に開業した「高輪ゲートウェイ」が、なかなかホットな話題になっているので、
落ち着いたら降りてみようと思ってましたが、それが気になるのでどんなもんかと仕事帰りに寄ってみました。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024138j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20200321024137j:plain

降りたら全体が見れるように山手線は一番後ろに乗り降りて見ると、レールファンには見えないカメラ女子や一般の人が意外に多く見物してました。

ちょうど帰宅時間でしたが、わざわざ後ろまできたりスマホで写真を撮ったりする人が。
感じからして通勤帰りに寄ってみたって雰囲気。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024141j:plain

駅舎自体は開業前に通過して見ていましたし、山手線で駅を通過するという体験できないことをしてましたがやっぱ開業してからは違いました。

降りてみると、吹き抜けの高い天井。贅沢な空間の使い方など、ターミナル駅でもないのにバブル期を彷彿する無駄に豪華。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024208j:plain



しかし、エントランスがガラス張りで周りの景色がよく見え、遠くにはレインボーブリッジまで見える眺め。


ベンチがあって機能性に特化してないゆとりかなとも。


ダサい駅名に輪をかけて批判された、カッコ悪い入り口の看板の明朝体が狙ったんじゃないかと思う感じにかえって注目を集めていました。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024211j:plain

なぜ変かというと、標示類が丸みのあるゴシック体に統一されているのに対し、駅の入り口だけが明朝体というちぐはぐさです。

さらに専門的になりますが、明朝体でカタカナを使う場合文字の間を詰めないとスカスカになるのです。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024941j:plain

だいたい慣れない素人の人が打つとそういう組み方になります。書体の特性がわかってる人なら、スカスカにならないように文字の間をつめるのがキレイに見せるセオリーなのです。


もしかして、
「ダサいところが新しい」?


駅の周りは周辺の再開発とリンクしてるので、まだ未完成で円形の作業小屋みたいなのが経っていたり、更地でした。
駅前広場もない、仮の道路が前を通ってるのみです。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024930j:plain

 

 

駅よりも気になっていた、開業の頃には封鎖されると思ってた、「これがホントのゲートウェイ(?)」の史跡で名所。
高さ1.5mの「高輪橋架道橋」がまだ残っていました。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024927j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20200321024233j:plain

しかし再開発の伴って封鎖されて、立派なアンダーパスに改築されることを聞いていました。
線路を超える唯一の道ですが、休日はそんなに人が通らないタクシーの抜け道ですが、平日は反対側に会社のある人がたくさん駅に向かって歩いていました。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024942j:plain

そのガードも来月には封鎖されてしまう感じなので、寄っておいてよかったです。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024232j:plain



このエリアはJRが主体となった初めての街づくりだそうで近い将来、品川インターシティのようになるんではないかと思います。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024210j:plain

 


ちなみに場所は「泉岳寺」そのものです。
「田町」と「三田」、「浜松町」と「大門」みたいな感じです。

f:id:MIKIMOTO7:20200321024230j:plain


連休だから日帰りでいいからどこか行きたいなあと思いつつ、

今回も読んでいただきありがとうございます。

f:id:MIKIMOTO7:20200321030110j:plain

 

成田湯川・2….東京から1時間で旅気分になれる場所

こんにちは、これを書いてる今、部屋が寒いと思ってみたら雪になってました。
しかも結構な降りで。思わず近所で撮影をしましたが、休みでよかった。


さて、「成田湯川駅」の後編。この辺には何もないので、
成田線の「下総松崎(まんざき)」にウォーキングを兼ねて歩いて移動してみました。

f:id:MIKIMOTO7:20191116151506j:plain

(建前はウォーキングなので)

あとで知りましたが「下総松崎」って木造駅舎が有名だったんですね。
さて、「成田湯川」をでて、移動する前にお昼なのでどこかでランチを。

と、グーグルさんで調べたらこれから行く方向の丘の上に、なかなかいい感じのカフェがあるのでまずはそこに。
駅の横を通る無駄に広い「中央通り」を県道方向へ。

f:id:MIKIMOTO7:20191116125212j:plain

すると、反対側に日帰り温泉施設「龍泉の湯」とあります。
入浴は考えていなかったので用意はしてないけど、日帰り温泉施設があるだけで充分じゃないのと。

そういえば芝山千代田に「空港の湯(だっけ)」ができましたよね。
解説を読むと千葉に多い「塩化物ナトリウム温泉」だそうで。

f:id:MIKIMOTO7:20191116130336j:plain


道の左のグラウンドみたいな芝生は乗馬クラブのようです。
その先の高くなっているとこが、目的のカフェ。

「木のぬくもり丘の上のカフェ」という、北海道の美瑛にありそうな名前のカフェです。
丘への上り坂が少々キツかったですが、いい雰囲気の店です。

f:id:MIKIMOTO7:20191116130227j:plain

 


入ってみるとログハウスじゃないけど、高原にきたようなウッディーな店内です。

f:id:MIKIMOTO7:20191116131325j:plain

窓際の眺めのいい席に通されました。せっかくだからと、オススメの「煮込みハンバーグセット」を。

f:id:MIKIMOTO7:20191116133637j:plain

料理を撮るのが全然うまくならないです。


丘の上から見える田園風景が和み〜です。
コーヒーはずっと缶かペットばかりだったので。久々に淹れた炭焼きコーヒーが美味しい。


そういえば、こういうカフェやレストランでゆったり食事なんて、ずっとありませんでした。
いつもコンビニで車止めに座って食べる、「ツーリングスタイル」ばかりだったから。


ハンバーグも柔らかくデミグラソースがしみていて、それでもってハンバーグの味がしっかりする専門店の味でした。(カフェにする前はステーキショップだったそうです)
冷凍とは全然違います。


ゆったりして、さて、「下総松崎」を目指しました。
県道はまっすぐ丘を突っ切って行くのに対して、道は林の方に入る旧道のような感じ。

地形に沿ったカーブが続き、ひらけたところに集落が。
こういう郊外に出ると看板建築の古い商店も、風景の一部になってます。

f:id:MIKIMOTO7:20191116144024j:plain

JAや小学校などがある一帶は集落の中心のようです。
年季の入った農家っぽい家が多いですが、その中に重厚な屋敷も何軒か。

f:id:MIKIMOTO7:20191116144641j:plain

「これぞニッポンの家」の様式美です。
その「日本のふるさと」を感じる風景からして、従来からある歴史のある集落と思われます。

f:id:MIKIMOTO7:20191116144758j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191116144009j:plain

成田線は集落のある丘から下った田園の中をまっすぐ伸びています。
側道のような道があるのでそこの方がわかりやすいでしょうとその道へ。


広々とした中を一直線に続くレール。
まるで東北あたりにきたような気分になれます。でもここは東京近郊区間

1時間くらいで旅気分が味わえる、いいところです。
時間のない時に半日潰してくるのにいい場所かも。

f:id:MIKIMOTO7:20191116150006j:plain

家がほとんど見えません。

f:id:MIKIMOTO7:20191116150805j:plain

田園の中をまっすぐ伸びる線路は、東北の路線のよう。


やがてついた「下総松崎駅」。見事な木造駅舎です。
この時間は無人駅のようで簡易式のスイカタッチの機械がありました。

f:id:MIKIMOTO7:20191116151450j:plain

一応駅員配置駅ですが、ほとんどの時間は無人です。これも田舎の駅のよう。


駅舎や周りを見て回りたいところですが、我孫子方面の電車が5分後に来てしまうという慌ただしさでした。
急いで跨線橋を渡って我孫子方面ホームに。10両対応なのでやたら長いホームが本線クラスの駅のようです。

f:id:MIKIMOTO7:20191116151825j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191116152042j:plain

4ドア10両の電車が、東京近郊区間であることを教えてくれます。
10両だったので上野行きかと思いましたが、我孫子までの線内運転の列車でした。

f:id:MIKIMOTO7:20191116152033j:plain

 


我孫子からは常磐線中距離電車で品川まで戻りました。

f:id:MIKIMOTO7:20191116165102j:plain

 

「芝山千代田」に行った時みたいに何もないトンデモな場所だったらどうしようと思いました。
意外と「何もないから何かある」日帰り旅でした。

f:id:MIKIMOTO7:20191116143702j:plain

 

東京から1時間で遠くに行ったような気分を味わえる、なかなかいいところかもしれません。


今回も読んでいただきありがとうございます。

成田スカイアクセス線の唯一の途中駅・成田湯川

f:id:MIKIMOTO7:20191116124103j:plain

こんばんは。更新間隔が空いてしまいました。
最近、趣味系の内容を親ブログで濃く書き過ぎてしまってるんで、1本書くのにすごく時間がかかるんです。


もともと親ブログは音楽・日常系のブログが前身なので「こんなところがあるよ」的にゆるーく書けばいいのです。
ところが、それがかえって説明の比率が多くなって、ブログが長くなって時間がかかってしまうんです。

あと、一番時間がかかるのは写真。向こうは一度画像ソフトで保存し直して、軽くしなければならないという。


旬のネタ優先で書いていたので後回しになってたお出かけ系。
去年の秋に行った成田スカイアクセス線、唯一の途中駅「成田湯川」に行ったのでした。

f:id:MIKIMOTO7:20191116123821j:plain

勉強不足というかよく見てなかったせいもありますが、成田スカイアクセス線北総線の終点「印旛日本医大」の後は成田空港第2ビルまで駅がないと思っていました。

東成田のイベントの時、スカイライナーで初乗りをしたせいもありますが。
時刻表の路線図を見て「途中に駅がある。なんのために、いやどんなところだ?」と思ったのが旅の始まりでした。


正直、北海道新幹線の「おくつがる今別」のような感じを期待しましたが、地図で見ると成田市の郊外、ニュータウンがありました。JR成田線が交差してましたが、駅はなく一番近いのは「下総松崎」。ここへはなんとか歩けそう。

「スカイライナー」はノンストップなので何が停まるのかと調べると無料の「アクセス特急」。1時間に1〜2本。
しかもスカイアクセス線は成田駅にはいかないので、駅自体の利用価値がわかりません。

今もそうですが、目的地を探す以外は航空写真やグーフルアースは使わないので、かなりの「秘境駅度」を期待しました。
しかし駅の写真はめちゃくちゃ立派。謎。これは次の休日、行ってみるしかない!


アクセス特急」は京急から都営線を通ってスカイアクセス線に入ります。
都営線なら日本橋で乗り換えられると、時刻表を見ないで都営線に乗り換えたら、なんと30分待ち。いきなり出鼻をくじかれました。

f:id:MIKIMOTO7:20191116122925j:plain

やってきたのは、お馴染みの京成ロングシート車。スカイライナーと違い京成線内も北総線内も主要駅に停車しました。
とはいえ、特急だし線形がいいので、都内を出て北総線に入るとそれなりに快適な走りでした。


スカイライナーほど飛ばしませんが、特急らしい走りで目的の「成田湯川」に到着。
調べた時にはほとんど利用者はいないとありましたが、パラパラと降りる人が。

f:id:MIKIMOTO7:20191116122852j:plain

思ったより降りる人がいたのでびっくり。

 

ここでスカイアクセス線は単線になるのと、スカイライナーに道を譲るため数分止まりました。
通過線を在来線最速、160キロですっ飛んで行きました。

f:id:MIKIMOTO7:20191116123254j:plain

AEはスカイライナーです。

 

関係ありませんが、青函トンネルを新幹線が通る前は特急「白鳥」が160キロ出してた記憶があるんですが、新幹線になってからなんでスピードダウンしたのか謎。


寄り道しましたが、駅名標を写真に撮った時初めて気づいたのは、「京成」の路線だということ。てっきり「北総線」の延長だと思っていました。

f:id:MIKIMOTO7:20191116122656j:plain

ホームから降りるとエントランスがあります。構造は新幹線駅そのものです。
何もないので降りた人はさっさと行ってしまったので、無人の空間と化しています。

f:id:MIKIMOTO7:20191116123406j:plain

そして1Fに改札、そして券売機。4機つけられるようになってますが、2台のみ。
そして驚くべき運賃表。

「上り・印旛日本医大」まで470円。
「下り・空港第2ビル」まで530円。

あっ、入場券買うの忘れました。

f:id:MIKIMOTO7:20191116123728j:plain

おそるべきPasmoクラッシャー。チャージが500円以上ないと電車に乗れません。
駅は写真で見て知ってましたが、実際に行ってみると無駄に豪華です。

f:id:MIKIMOTO7:20191116124337j:plain

整備新幹線の駅よりかなり立派。ターミナル駅並みでしょう。
立派な駅前広場があり、成田駅行きのバスが1時間に3本くらいあります。

f:id:MIKIMOTO7:20191116124050j:plain

しかし、駅前には店一つありませんが、新しい住宅が立ち並んでました。
店は駅前を通る道の坂を下った交差点にローソンが1軒。

そこは県道との交差点で直進するとニュータウンのようで、角には高校もありました。
そういえば駅に制服の高校生が何人かいました。彼女らが駅のお得意さん?

f:id:MIKIMOTO7:20191116124715j:plain

 


駅が無駄に立派なのは。もともと「成田新幹線」になるはずだったからなのでしょうか。
線路に沿って高規格道路「北千葉道路」という高速道路のような道のICがあります。

f:id:MIKIMOTO7:20191116125759j:plain

遠目に見ると、新幹線と高速道路です。
スペック高すぎ。

そういえば北総線の外側に国道以外に高速道路を作れるスペースが空き地になっていたので、鉄道と高速道路で空港アクセスする野望があったのでしょうか。

f:id:MIKIMOTO7:20191116125655j:plain

ニュータウンのはずれに無駄に立派な駅がある。というかなりトンデモですが、言われてるほど秘境でもないし、利用者なしでもなかったなあと。
どちらかといえば、発展途上のエリアって感じでした。


今はJR成田線に駅がありませんが、盛り土の形状が将来への含みを感じるような感じでしたし。

f:id:MIKIMOTO7:20191116124013j:plain

 


バスで成田に出てしまうのも面白くないし、とはいえニュータウンを散策してもつまらなさそうです。
そんなわけで変化がありそうな感じの山側を歩いて見ることに。

JR成田線の「下総松崎駅」まで約1.5キロというので、(絶対それ以上遠い)徒歩移動でそちらを目指しました。
ちょうどお昼だったので、グーグルさんで食事のできるところを探したら、そ丘の上によさげな店があったし。


まっすぐの「中央通り」から県道で丘の方、「下総松崎駅」へ向かうと、人工の産物しかない成田湯川の周りとまったく逆の「日本のふるさと」があったのです。


旅要素の高まる後半に続きます。

f:id:MIKIMOTO7:20191116150815j:plain

この写真は東北ではありません。


今回も読んでいただきありがとうございます。

公園の片隅に眠る川崎唯一の残存車両

こんにちは。せっかくの連休なのに時期的に悪いのとモタモタしてたら、細かい用事が入ってしまって散歩以外はどこにもいけないトホホな連休になりそうです。


市電を見たあと、まだ時間があったので頑張ればいけると鶴見線で「浜川崎」へ。
以前「川崎市電とトロリーバスの唯一の残存車両」に

書いた、市電の生き残りを見に産業道路を東京方面に。
住宅街にある「桜川公園」に市電の電車があるというので。

f:id:MIKIMOTO7:20200223115531j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20200223115132j:plain

東海道貨物線が通っています。

 

横浜には市電があったのは、知ってましたが川崎にも
走っていたなんて最近まで知りませんので驚きでした。


こちらも痕跡はまったくないのですが、浜川崎駅から
産業道路に出る交差点から始まってる「市電通り」に

走っていたらしいです。他にどこの区間かわかりませんが、
トロリーバスも走ってとか。


1両だけ残ってる電車は、向かっている桜川公園に
静態保存されてますが、絶滅したと思われたトロリーバス

1台がブロガーさんが田園都市線高津駅近くの二ヶ領用水そばの
二子塚公園に置いてあるというのを教えてくれたので

後日訪ねました。


話は戻って産業道路になんのためにあるのかわからない
グリーンベルトがあります。

f:id:MIKIMOTO7:20200223115107j:plain

そこが市電の路盤跡といわれています。
整備はされておらず林と藪って感じですが、ところどころ

隅にある柵が形から鉄道用と思われます。
休日にもかかわらず交通量の多い、産業道路

高架の鉄道は東海道貨物線で、
時々長編成の貨物列車が走ってきました。


そんな道を歩くこと20分。そこから住宅地に入るところに
「桜川公園」があり、片隅に柵をされて置いてありました。

ざらしにしては整備されていて思ったほど痛みはありません。
ホームらしき感じになていたので以前は中に入れたのかも。

f:id:MIKIMOTO7:20200223115148j:plain

たった1両(わかるものだけ)の貴重な車両です。
柵には説明板もありました。

f:id:MIKIMOTO7:20200223115130j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20200223115043j:plain

そして、川崎市電のことを調べていくと驚きの事実が。
なんと、京急大師線が今の終点より1駅先まで続いており、

そこで市電と連絡。先ほどのグリーンベルトから
工場の方まで回って、市電通りで駅の方に向かっていたと。


川崎市が、横浜市ブルーラインを誘致したがるわけです。


一方、トロリーバスはどこを走っていたかわかりません。
現在の姿は保存というより、「公園に置いてある」感じ。

一応屋根みたいなものがありますが、説明もなく
おそらくほとんど知られてないのではと思われます。

こちらも貴重なクルマなのに残念な姿なので、
なんとかしてもらいたいと思いました。

f:id:MIKIMOTO7:20200223115124j:plain

保存とは思えない状態です。

f:id:MIKIMOTO7:20200223115122j:plain

 

f:id:MIKIMOTO7:20200223115041j:plain

近くを流れている復元された「二ヶ領用水」。



東京近郊の都電・市電シリーズは今回で終わりです。
いずれも、マニアな方から市の資料までネットで

調べられますので興味のある方は。


今回も読んでいただきありがとうございます。