基本は日帰り・ご近所さんへの旅鉄訪問記

確認より発見が目標の日帰り旅鉄薄口日記

上越国境駅めぐり…4「水上」

f:id:MIKIMOTO7:20191212122535j:plain


こんにちは。運転見合わせが続いて更新間隔が長引いてしまった「上越国境駅めぐり」。いよいよラストになります。
8月の日帰り旅なのに何ヶ月かかってるんだ! すみません。

すみませんついでに前回一箇所先走った部分がありました。
鬼怒川温泉の訪問記はこっちのブログでは記事化してませんでした。

第一ブログで見所だけピックアップして、リライトしたアップグレード版をまだ書いてませんでした。
こちらの方を先に収録しないといけなかったのに。使ってない素材がどんどん溜まって行く…。


バブルの時建てられた大規模ホテルが、その後の旅行形態の変化というか「社員旅行」というものが少なくなったの設備が過剰になり維持できなくて倒産が続出したようです。

倒産するだけならまだしも、建物は放置され「廃墟ホテル」となりました。
会津の東山、鬼怒川、そしてこの水上にそれらが目立ち、その朽ち果てた独特の景観から「廃」な人では有名スポットとなったらしいです。


私は個人的に「温泉廃墟」というと、自然災害や事情があって廃業した旅館が廃墟化した後もお湯は湧き続け、野湯と化してもなお温泉として生きてるところにロマンを感じます。

だから鬼怒川の廃ホテルを見たとき、「どっちかといえば、ビル廃墟って感じかな」と思いました。

f:id:MIKIMOTO7:20191212124630j:plain

鬼怒川温泉

水上はそんな建物を見るためというより、乗り換え駅なので見て歩いてみようと。
ここにくるのは、全盛期の冬にSL列車に乗りにとその時は水上には日帰り温泉施設がなく。谷川温泉の日帰り温泉施設「湯テルメ谷川」に行った時以来です。


その後、奥利根にツーリングに行くためにパイパスはバイクで何度も走りましたが。
温泉街は道が狭くて走りにくいので。


地元のバス並みに混雑していながら、急カーブの連続する国道を左右に振り回されながら水上駅前へ。
新幹線で帰る人ばかりかと思いましたが、ほぼ全員が駅前で降りてバスは「回送状態」で走り去って行きました。


水上温泉といえば、景観のいい「諏訪峡」の両側に旅館が立ち並ぶ光景が有名です。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122405j:plain

紅葉や雪の時期はキレイです。



しかし「水上駅」は温泉街をすぎた比較的広いところにあります。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122550j:plain

今の温泉街は水上駅から約15分くらいかかりそう。


鉄道全盛期の頃の側線が駅前に埋まっているのもなかなかです。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122558j:plain

検修庫の跡のようなものが駅前に。


そして水上=廃墟のアイコンとも言える「旧ホテル大宮」の廃墟が駅前に凄まじい姿で残っています。

もうこれを見ればいいって感じ。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122346j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191212122323j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191212122315j:plain

駅を出るといきなりこの凄まじい光景が。

温泉街まで行くには電車の時間の関係で無理そうなので、かえって歩くことのない駅周辺を。
ホテルの送迎車は「上毛高原駅」に行くのか、水上の駅前は16時すぎというのに人はまばらでお土産やさんは閉店準備に入ってました。


ここを発着する特急もなくなってローカル電車だけになってしまったので、全盛期を知ってるだけに寂しいです。
といえ、利根川沿いの住宅地に入ると、以前はこちら側が温泉街だったのではという街並みが。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122453j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191212122531j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191212122429j:plain

鄙びた風景に味があります。

川沿いの低地から県道に登って利根川を渡って温泉街の入り口まで行って見ました。
利根川の流れは変わらずキレイです。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122456j:plain

道を隔てた一軒は潰れたのは取り壊し中でしたが、反対側のチェーンホテルは送迎バスの誘導をしてたりと大温泉地を感じました。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122409j:plain

奥に温泉街が続いてましたが、電車の時間のため引き返し。
なんせ普通列車が1時間に1本しかないですから。


駅に近づくと貨物列車が轟音で走って行きました。
現行機関車は単機で山越えができるのですか。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122356j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191212122338j:plain

 


時間があったら道の駅に「ダムカレー」を食べに行って、かつて道端に「歴史的記念物ですからとりあえず」と置いてあったEF16を見に行きたかったです。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122448j:plain



高崎行きに乗ったお客さんも数えるほど。先に出る越後湯沢行きは1両に1〜2人いるくらいかなという感じ。
帰宅モードになってけだるい感じ。ロングシートで車窓がいい区間でしたが爆睡。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122313j:plain

気づいたら真っ暗になってて、新前橋の手前でした。
高崎からは迷いましたが、新幹線で帰りました。普通グリーンで帰った方が安いのですが、時間がかかるので。


今回は日帰りだけど、ずっと降りて見たかった駅を散策できて中身の濃い旅になりました。

もう季節外れですが、水上の奥は素晴らしいところばかりです。交通が不便なので足がないと難しいですが。

f:id:MIKIMOTO7:20191212122434j:plain

今は交通規制で歩いてしか行けない一の倉沢。晴れてれば幻想的な自然美です。


今回も読んでいただきありがとうございます。

上越国境駅めぐり・3…「湯檜曽」

こんばんは。運転見合わせが続く「上越国境駅めぐり」再開です。
もうつなぎの記事から、1週間になるんですね。


土樽から再び上り電車に乗って清水トンネルをくぐりました。
地上の土合駅を過ぎると渓谷と国道を下に見ながら谷沿いを進みます。


バイクから鉄道旅に戻って、気づいたことの一つに同じ場所でも道路と鉄道では通る位置が違うところが多いのです。

なので見える景色が違うので新鮮だということに。


湯檜曽駅が近づくと右側の眼下にこれから走る線路が見えます。このあたりの車窓の楽しみでした。

f:id:MIKIMOTO7:20191128011549j:plain
トンネルに入って山を回って降りたところが湯檜曽駅。ここで下車。

f:id:MIKIMOTO7:20191128012144j:plain


湯檜曽駅も下り線は清水トンネルの中なのですが、今回はループ線を見ることが目的なのでパスして駅を出ます。
駅前を通る道は土合へ続く国道です。

f:id:MIKIMOTO7:20191128011701j:plain


ここをツーリングで走った時に、ループ線の巻いてる線路がよく見えるビューポイントを見つけたのです。
そこへ行くために湯檜曾川にかかる上越線の橋梁のそばまで歩きました。

f:id:MIKIMOTO7:20191128011542j:plain

橋のたもとから山を見ると、二段になってる線路を見ることができます。

f:id:MIKIMOTO7:20191128011710j:plain

しかし「湯檜曾」がわかる人って地元の人を除けば「鉄」な人か「ディープな温泉好き」ではないでしょうか。

ここには共同浴場日帰り温泉はありませんが、足湯があります。
通るたびに寄ってみたいと思っていました。


街の方へ行きますが、以前に比べてなんか寂しくなった感じ。
「温泉街」というより「街道筋」って感じの、郷愁を誘うところだったんですが…。

バブルの頃に建てられたと思われるホテル跡があったり歯抜けのように空き地が。
不況の波はこんなひなびた街まで襲っていたのですね。

f:id:MIKIMOTO7:20191128011540j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191128011748j:plain

とはいえ、この辺りまでくると雪が多いようで、道路の中央には融雪パイプが。
やはり徒歩だと、通り過ぎて見逃してしまう景色がじっくり見れます。

f:id:MIKIMOTO7:20191128011704j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191128011746j:plain

足湯の「ゆびその湯」は町外れの道路沿いにさりげなくありました。
気をつけてないと見逃してしまいそうでした。

f:id:MIKIMOTO7:20191128011834j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191128011857j:plain

基本無料ですが、協力金100円を払って足をつけてみました。
時間のせいかそういうものなのかわかりませんが、ぬるかったです。

でも、行ったのが真夏だったので帰って気持ちよかったです。
アルカリ性泉のようで、柔らかい感触でした。


家族づれが来てて賑やかでしたが、のんびりした時間を過ごせました。


水上にいく電車がないので、近くのバス停から水上までは「バス連絡」。

f:id:MIKIMOTO7:20191128011935j:plain

土樽を出る時に既に帰宅時間に入っていたので、やってきた「上毛高原駅」行きのバスは大混雑。

カーブが多いので満員電車のように左右に振られながら水上駅へ。
ほとんどの人が下車しました。

f:id:MIKIMOTO7:20191128012005j:plain

 


今回はここまでにします。
「第二の鬼怒川温泉」と言われている水上温泉の町歩きをしました。

 

間が空いてしまいましたが、今回も読んでいただきありがとうございます。

台風で被災した箱根登山鉄道は未だ復旧見通し立たず

こんばんは。運転見合わせの続く「上越国境めぐり」となってしまいました。
今回も運休で更新間隔があいてしまうんで小ネタですいません。


先の東日本に大水害を起こした台風19号。
先日ニュースを見てたら、荒川沿いの「ゼロメートル地帯」がかなり危なかったと。


そして、現状では避難所が足りないという問題をやっていました。
実際そうなってしまった、史上初の避難勧告を出した府中市をやってました。

避難所の開設が追いつかず、「府中刑務所」も使ったとか。


しかし、避難勧告が出たのは全域でなく南部の低地帯。

f:id:MIKIMOTO7:20191120225646j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191120225644j:plain

対象となったエリアを見て、ピンときた人は地形や地図の好きな人だと思います。

そこは多摩川の低地帯。
「府中崖線」の下で、かなりの被害が出たようです。

f:id:MIKIMOTO7:20191120225707j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191120225657j:plain

 

そして、もともと崖にはりつくように通っている「箱根登山鉄道」。

f:id:MIKIMOTO7:20191120225711j:plain

土砂崩れや路盤流出により再起不能箇所ができ、重機を入れられないところは未だに復旧作業にかかれない状態だそうです。


そのため、バス代行が続いてます。


八高線も非電化区間に未だ不通箇所があります。


私の家から100mも行かないところに「暴れ川」があり、十数年前に護岸破壊が起きた大氾濫がありました。
そのため大改修を行ったおかげで、警戒水位近くまで上がりましたが避難まではいきませんでした。


寄り道になりましたが、読んでいただきありがとうございます。

上越国境駅めぐり・2…「土樽」

こんばんは。前回はタイムリーな話だったので寄り道しました。
でも、休止になる前に乗りに行ってよかったです。


そんなわけで本線に戻ります。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224646j:plain
土合から新清水トンネルを出た新潟県最初の駅、「土樽」で下車。
ここ、地図を見ててどんなところだろうと一度降りてみたかったんです。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224210j:plain



f:id:MIKIMOTO7:20191111224400j:plain


周りには家が一軒もない「秘境駅」と呼べる駅。
あるのは変電所と関越自動車道の高架。あと自然たっぷり。

降りたのは私一人。


以前は2面4線だった広い構内そのままに、2面2線の停留所タイプのホームを作ったので古い駅名標などがそのまま残ってます。

f:id:MIKIMOTO7:20191111225154j:plain

 

有名な川端康成の「雪国」で「信号場」と出てくる駅だそうです。
駅前に説明の柱が立っています。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224137j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191111224650j:plain


訪れた時は真夏だったので、蝉の大合唱。山奥にきたな〜という気分になります。
あとは関越を走る車の走行音くらい。


もちろん無人駅で待合室はがらんとしてますが、思ったよりキレイ。
窓や出入り口の上にかつて上越線を走った列車たちの懐かしい写真やサボが。これは一見の価値ありです。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224142j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191111224156j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191111224300j:plain

 


人気のない山の中ですが、なぜか駅前に車が止まっていました。
変電所と保守基地があるからかなと思いましたが…。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224555j:plain

 

駅の反対側にある廃墟みたいなのが、30年以上前に閉館になった「YH土樽山荘」らしいです。
そういえばそんなYHあったな〜と。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224252j:plain

閉館して廃墟になったと思いましたが、意外とキレイ。
まずはここを見に行きますかとグーグルさんを見ると、近くに線路を渡れるトコがないでないの。

かなり大回りをして川を渡らないと行けません。
まさに「近くて遠い」感じ。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224644j:plain

まあ、とりあえず反対側へ行こうと駅前を通ってる狭い県道を歩きました。
歩いて見たらこの道、地形に沿って通ってるもんだから線路から離れて山の方へ。

これはなかなか手強いぞ、計画段階では土樽PAを見て関越トンネルの入り口近くまで行けるかなと思いましたが、地図での見た目よりも遠いぞと。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224234j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191111224359j:plain

とはいえ、舗装道路だから登山道みたいにキツくありません。
なのでお手軽ハイキング気分。涼しいし川は透き通っててキレイ。

f:id:MIKIMOTO7:20191111225721j:plain

上越線の上り線をくぐると、レンガ積みの橋脚とガーダーがなかなか渋い味を出してます。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224250j:plain



県道から分かれて、橋というより土管をコンクリートで固めたような簡素な道で川を渡りました。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224225j:plain

向かいの建物へ向けての登り坂の途中、上下線の線路を見下ろすところに石碑が。
文字を見ると清水トンネルの工事で殉職した人の慰霊碑が。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224355j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191111224619j:plain

ここに立ってるなんて知る人ぞ知るではないでしょうか。
ちょうど見下ろすような位置。密かに列車の安全を見守っているかのよう。


手を合わせて先に進むと、やっと山荘の建物が見えて来ました。
廃墟というより空き家という感じに見えます。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224616j:plain

そばまで行ってみると壊れてる部分もありますが、建物自体は空き家というよりまだ使われてるかきちんと管理されてる雰囲気。
中を覗きたいところですが、不法侵入になりそうなので近づいて写真だけ。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224222j:plain

YHとしては契約を解除しても、施設自体はなんらかの形で使われているのでしょう。
まあ、それはそれでいいでしょう。


くるときに川を渡った道は河原に降りれるので、ペットボトルの飲み物を冷やすついでに岩に座って水に足をつけ一服。
冷たくて気持ちいい〜。


歩いて火照ってたので熱が取れて気持ち疲れて抜けて楽になった感じ。
このまままったりしたいところですが、電車を逃すと何時間もないので頃合いを見て駅に戻りました。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224613j:plain

降りた時は一人でしたが、どこからきたのか上り列車を待ってる人が何人も。
みんな登山の格好をしていたので、山から降りてきたのでしょう。


土樽も登山の駅なのでした。
駅前に止まってた車も登山の人なのでしょう。


なんか戻るのがもったいないくらいいいところでした。
「何もないから何かある」というか、非日常の世界っていうところがよかったのかも。

f:id:MIKIMOTO7:20191111224202j:plain

 

 

再訪したいけど簡単にこれないっていうのも、また魅力。


再び上り電車で今度は湯檜曾へ。
湯檜曾のループ線はこれから走る線路が下に見えて、なかなかエキサイティングでした。

f:id:MIKIMOTO7:20191111230343j:plain

 


いよいよ後半。今回も読んでいただきありがとうございます。

40年越しの想い、上野動物園モノレール

こんばんは。本当なら上越駅めぐりの2を書くところ。
ところが上野動物園のモノレールが、10月いっぱいで廃止もありの無期限休止になってしまいました。

f:id:MIKIMOTO7:20191105212708j:plain

これはいかないと後悔するぞということで、休止直前の10月最後の日曜日に一人動物園してきました。
本当は平日に行きたかったけど、開演時間中に行けないから。

f:id:MIKIMOTO7:20191105213233j:plain

 


スマホの天気アプリは雨の予報で突っ張ってたけど、出かけてみればドピーカン。
いろんな人が書いてますが、東園と西園、0.3kmをつなぐモノレール。

一見アトラクションに見えますが、正式には「都営上野懸垂線」という立派な鉄道路線なのです。
この辺は「おとぎ電車」の頃の西武山口線と同じです(こちらは軽便鉄道線)。


しかもGreatなのは、東京モノレールより先に走り出した日本最古のモノレールという由緒正しい重みのある路線なんです。
走っていた40型は4代目とか。

そのため施設の老朽化と、車両が作れない(製造2年、値段30億だって!)ため無期限休止の運びに。
懸垂式なら湘南モノレールや千葉モノレールがあるじゃんと思ったら、それらとは違う特殊構造とか。


ディテールは簡単にこれくらいしか知りませんが、これには思い入れがあるのでした。


当然ながら子供の頃から走っていましたが、並行している歩道を歩けば10分かからないで行ける距離。
親と上野動物園にきても、休日はそれなりに混んでいることもあって、「近くなのにもったいない」と乗せてもらえませんでした。遠い昔...しかし時が経ち、


「無期限休止」の知らせ。廃止もありうるというので「乗れるうちに乗っておこう」と。
日曜なので家族連れやカップルがたくさん。そのなかを男一人パンダも見ずにモノレール東園に。

f:id:MIKIMOTO7:20191105213245j:plain

ま、途中ちょこちょことは見ましたが、さすがにどこもアップロードしてました。
駅に行くと、「待ち時間30分」の表示。

ミッションはモノレールに乗ることなので、待ちましたさ。
ICカードは使えないのでチケットを買って何台も待ちましたが、写真を撮ったりしてたので長く感じませんでした。

f:id:MIKIMOTO7:20191105212134j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191105212139j:plain

 


見てるとこのモノレール、実は加速が驚くほど鋭かったです。
列の人数の割に待ち時間が長いなと思ったら、「乗れるだけ乗せる」ことはせず「定員乗車」だったのでした。

f:id:MIKIMOTO7:20191105212219j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191105212147j:plain

ついに順番がきて乗り込み発車。初乗りの新鮮さ。木立の中を抜け、不忍池が見えたらもう終点。
40年の想いは1分半で終わってしまいました。

f:id:MIKIMOTO7:20191105212152j:plain

 

でもいいんです。モノレールに乗れたのですから。
本当は往復しようと思っていたのですが、西園駅の方が心なしか混んでるような。

東園が混んでたから西園から乗ろうと思ってる人が多かったのでしょうか?
駅を出て。フォトポイントはないかなと歩いていたら、プロ用カメラを持った同好の士が何人も。


一応記念の写真やビデオを撮ってミッションは終わりにしました。

f:id:MIKIMOTO7:20191105212231j:plain

f:id:MIKIMOTO7:20191105212136j:plain

 

 

テラスやフードコートがいっぱいだったので、池の端口から外に出て一番近い駅の「根津」に向かいました。


途中にレールと電車が置いてある公園が。
そういえば昔のモノレールの写真には、歩道がなくて道路には都電が走ってたなあ。

f:id:MIKIMOTO7:20191105212247j:plain

旧池の端七軒町電停とありました。

根津の駅近くに「塩ラーメン」の美味しい店がありました。

f:id:MIKIMOTO7:20191105212252j:plain

店内はカメラやPC禁止なので外観だけ。